瀬谷区版 掲載号:2015年8月27日号 エリアトップへ

和泉川流域 関東・水と緑の拠点に選定 楽竹会の活動を評価

社会

掲載号:2015年8月27日号

  • LINE
  • hatena
楽竹会が活動するホタルの里山(宮沢)
楽竹会が活動するホタルの里山(宮沢)

 (一社)関東地域づくり協会と(公財)日本生態系協会が主催する「第7回関東・水と緑のネットワーク拠点百選」にこのほど、NPO法人楽竹会(奈良部岩次代表)が活動地としている和泉川流域が新たに選定された。今後は、専門家によるアドバイスや費用支援などが行われる予定。

 今回選定された範囲は、瀬谷区宮沢一丁目〜四丁目の区間で、面積は和泉川流域6500平方メートル。ホタルの里山として整備してきた場所だ。楽竹会は2002年に設立。05年からはNPO法人として、自然環境保全・再生などを軸に活動を行ってきた。

 選定の名称は「斜面林を活かした景観形成の創造」。同会はこれまで、荒廃した竹林の整備に力を入れてきた。具体的には、間伐作業や清掃活動、粉砕した竹を利用した土壌の改良や堆肥作り、腐らないとされている竹を地面に打ち込んで足下を丈夫にするなど、竹を活用した活動などを行っている。このほか、小中高生を対象とした自然環境学習授業や、竹で創作した「竹琴太鼓」を持って高齢者施設や病院を訪問し、演奏活動を実施。これは高齢者の心身機能の活性化や健康回復に役立つという。同会の活動は幅広く、横浜市内だけではなく、神奈川県内外に足を伸ばすこともある。

 奈良部代表は今回の選定を受けて、「自分たちの活動は地域のコミュニティ作りを第一に目指している。その地域に根差した文化、普遍性のある文明、この2つの要素を合わせて、地域作りの原点としていきたい」と話し、「ホタルの里山を軸にした活動を今後も行っていきたい」と意気込みを語った。

 「関東・水と緑のネットワーク拠点百選」は、身近な自然のつながりを大切にする取り組みを応援しようと、09年度から開催。自然環境条件や活動計画の新奇性などを観点に審査を行い、7回目となった今回は、多数の応募の中から14拠点を選定。ホームページ上で発表した。選ばれた団体に対しては今後、必要に応じて専門家によるアドバイスや費用面での支援、活動をまとめた事例集の作成など広報支援を行っていくとしている。

楽竹会のメンバー
楽竹会のメンバー

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

前年から半減

特殊詐欺20年認知件数

前年から半減 社会

被害額は3分の1に

1月14日号

市、15日に受付窓口開設

障害者手帳カード化導入

市、15日に受付窓口開設 社会

選択制、耐久性など向上へ

1月14日号

「明るい希望持てる年に」

森区長インタビュー

「明るい希望持てる年に」 社会

21年の取り組み語る

1月7日号

児童にビデオで感謝伝え

瀬谷さくら小学援隊

児童にビデオで感謝伝え コミュニティ社会

手品や演奏を披露

1月7日号

「スマート農業」を体験

自動追従のロボットを活用

「スマート農業」を体験 社会

上瀬谷地区の農家ら

1月1日号

「コロナ対策、最優先に」

林市長インタビュー

「コロナ対策、最優先に」 社会

IR誘致は継続へ

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク