瀬谷区版 掲載号:2015年10月1日号 エリアトップへ

前医師会長田村さん 救急医療に貢献し、県表彰 県内から11人選出

社会

掲載号:2015年10月1日号

  • LINE
  • hatena
受賞の楯を見せる田村さん
受賞の楯を見せる田村さん

 救急医療の発展に努めた個人や団体を県が表彰する、「平成27年度神奈川県救急医療功労者表彰」の受賞者11人が9月4日に発表。瀬谷区からは、前瀬谷区医師会長の田村聡さんが選ばれた。

 この制度は9月9日の「救急の日」にちなみ、1982年に制定されたもの。33回目を迎える今年は、県内から4団体・7個人の全11人が選ばれ、9月9日に表彰式が行われた。

 田村さんが瀬谷区で開業したのは90年。同年に瀬谷区医師会に入会してから現在まで、瀬谷区休日急患診療所の協力医として、地域の救急診療に携わってきた。また、95年4月から2013年までは(社)瀬谷区メディカルセンター役員・副理事長・理事長を歴任。約20年にわたり、休日急患診療所の運営に尽力してきたことなども評価され、受賞に至った。

地域医療の充実に貢献

 2005年から医師会長を10年務めた田村さんは、区の医療体制の充実などに奔走。中でも、立ち上げに携わった訪問看護ステーションについては、「地域医療の中核となる場所」と話し、力を入れて来たという。今年1月には、急速に進む超高齢化社会に向け、同所に在宅医療相談室を開設。区内外の医療機関や各訪問看護ステーションなどと連携を図っている。「地域で包括したケアが重要となる。訪問看護をただやるだけではなく、これまでの経験をまとめることや、知識レベルを上げていくことが必要」と今後の方向性を話す。

 さらに、災害時の救急対応も医師会の役割の一つ。休日急患診療所は災害時の参集場所となる。「効率良く何ができるか、日頃から意識することが必要」と田村さん。今年2月には行政と連携し、初動体制ロールプレイを実施。「瀬谷区は高齢化率が高く、介護を要する人も多い。災害時の対応を確認し、課題を見つけることができた」と話した。10年間務めた医師会長を降りた現在は、同会顧問として、今後も引き続き地域医療へ力を注いでいく。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

小菊盆栽で県知事賞

瀬谷菊友会足立武夫さん

小菊盆栽で県知事賞 文化

天候不順に負けず制作

12月3日号

ピーク時の5分の1に

喫煙禁止地区過料処分

ピーク時の5分の1に 社会

マナー向上は依然課題

12月3日号

ボラだより、創刊100号

ボラだより、創刊100号 社会

支援の架け橋担い16年超

11月26日号

創立130年をお祝い

瀬谷小

創立130年をお祝い 社会

児童中心に企画進め

11月26日号

学校合奏コンで全国銀

南瀬谷中吹奏楽部

学校合奏コンで全国銀 文化

3チームそろい踏み

11月19日号

防護服500着を寄附

(株)竹虎(卸本町)

防護服500着を寄附 社会

救急隊員のコロナ対策に

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

    〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜 連載

    地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

    第8回 バス停・公園・橋に残る地名【その1・バス停】文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

    11月26日号

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク