瀬谷区版 掲載号:2015年10月29日号
  • googleplus
  • LINE

金沢動物園 キリンの赤ちゃん2頭目 両親子の同時展示目指す

社会

 金沢動物園で9月7日、6月に生まれたキリンのステップ(雌)に続き、新たに雄の赤ちゃんが誕生した。同じ年に2頭のキリンの赤ちゃんが誕生するのは横浜市で初めて。同園では2頭同時の一般公開に向け、準備を進めている。

 今回、初産を経験した母親のキリリンは10年前に野毛山動物園で生まれた「はまっこ」。「神経質な性格で心配したが、出産はスムーズでよく面倒もみる。母親になって態度も変わった」と飼育担当の繁成美菜さんは話す。人を警戒していたが、今は赤ちゃんを守ろうと、自ら人との間に入るようになった。はまっこ2世の赤ちゃんは「のんびり、マイペース」。身長約180cmで生まれ、40分ほどで立ち上がった。飼育舎を元気に走り回り、姿が見えなくなるとキリリンが探しに行く場面も見られた。

一般公開に向け

 神経質なキリリンの子が穏やかな性格なのとは対照的に、おおらかな性格の「ミルク」から生まれたステップは警戒心が強く慎重だという。両親子は一度対面したがミルクが赤ちゃんを警戒したため、現在は離れて暮らす。今後は、両親子同時の展示に向け力を注ぐという。「衝突や転倒も心配。安全に2頭で走り回れるよう、空間に慣れるまでキリンと相談して練習していきたい」と原久美子園長は微笑む。新たに誕生した赤ちゃんの一般公開も、体調や様子を見ながら決めていく。「時おり白目が見えて愛嬌のある子。かわいい期間は短いので、赤ちゃんのいろんな行動を見てほしい」と繁成さんは話していた。

4/27家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

住民や関係者が開園祝う

瀬谷みはらし公園

住民や関係者が開園祝う

4月19日号

手作り鯉のぼり空に

弘法山を歩く

弘法山を歩く

4月19日号

フリマ出店者募る

勇ましい五月人形を展示

横浜の魅力を発信

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

勇ましい五月人形を展示

勇ましい五月人形を展示

長屋門で5月8日まで

4月12日~5月8日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク