瀬谷区版 掲載号:2016年6月16日号 エリアトップへ

横浜出身稻留(いなどめ)仁さん 全国を巡り空から感動を ブルーインパルス飛行隊長

社会

掲載号:2016年6月16日号

  • LINE
  • hatena
訓練を終えてエプロン(駐機場)に格納されている1番機と稻留さん
訓練を終えてエプロン(駐機場)に格納されている1番機と稻留さん

 横浜出身の航空自衛隊戦闘機パイロット・稻留仁(いなどめひとし)2等空佐(43)が、空自の中でも精鋭パイロットが担う6機の曲技飛行隊「ブルーインパルス」で4月から1番機飛行隊長を務めている。

 同隊は白と青の爽やかなカラーリングが施された6機による息の合った編隊飛行が特徴で、機体の「T─4」は戦闘機ではなく「練習機」を基にした特別機ではあるものの、最高時速は1040Km(マッハ0・9)。その高速度で、近い時には機体間の距離約1mという状態を維持して飛行し、低高度での背面飛行も行うなどフライトは常に命がけだ。

兄弟で「ブルー」に

 パイロットへの憧れをもったのは日本体育大学在学中。当時すでに2歳上の兄・智(さとる)さんが戦闘機パイロットの道に進んでいたため、「空を飛ぶのにそういう選択肢があるんだと教えてもらった」。その兄もまた、ブルーインパルスの2番機パイロットを経験している。

 一般大学から戦闘機パイロットになるには幹部候補生学校を経る必要があるため、一般企業の内定を断って大学卒業後は浪人生活へ。ゴルフ練習場のフロントや子ども向け水泳教室の指導者など、様々なアルバイトを経験しながら受験を続けて、3度目の正直で合格。飛行要員となるための試験もパスしてパイロットの道を歩み始めた。

 「夢は追い続けないと実現しないけど、追い続ける気持ちがあれば必ず叶うと信じています」

休日はドライブ&「家系」

 近所の田んぼでザリガニ釣りなどをして遊んだという子どものころの憧れは、「レーサー」。「速い乗り物という点は同じだけど、車は前後左右の2次元、飛行機は上下もあるから3次元。操縦感覚はまったく別物ですね」と明かす。

 港北高校時代は陸上部に所属しながら、軽音楽部でバンド活動にも熱中し、新横浜の練習スタジオに通っていたことも。それゆえ休日の気分転換となっているドライブでも、「BGMはやっぱりハードなロックがいいけど、最近は子どもたちが好きなアニメソングを一緒に聴いてます」と笑って話す。現在は松島基地の官舎で家族と暮らすが、「横浜出身だから『家系ラーメン』が好き。石巻にもお店ができたのでよく食べに行っています」と日常での素顔をのぞかせる。

 隊長として稻留さんは「隊員全員が美しい心をもって乗ることを心がけ、観に来てくれた人に笑顔を届けていきたい」と話している。ブルーインパルスの飛行予定は、空自HP(http://www.mod.go.jp/asdf/pr_report/blueimpulse/schedule/)を参照。

瀬谷区版のローカルニュース最新6

瀬谷の逸品が一冊に

【Web限定記事】

瀬谷の逸品が一冊に 経済

7年ぶりの追加認定を反映

3月4日号

より良い地域福祉保健計画へ

【Web限定記事】

より良い地域福祉保健計画へ 社会

瀬谷区、第4期策定へ市民意見を募集

3月4日号

気の向くまま

【Web限定記事】

気の向くまま 文化

優のほっこり作品展【66】

3月4日号

ぽかぽかプラザが開設決定

【Web限定記事】プレイバック瀬谷37

ぽかぽかプラザが開設決定 社会

14年5月を振り返る

3月4日号

長屋門で雛人形展

体操で健康目指す

体操で健康目指す 社会

文化協会が体験講座

3月4日号

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月11日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク