瀬谷区版 掲載号:2016年9月15日号
  • LINE
  • hatena

区PTA連絡協議会 三師会と連携し募金へ 熊本県の学校給食を支援

社会

(左から)丸山泰治歯科医師会会長、安田会長、川口会長、重田博一薬剤師会副会長
(左から)丸山泰治歯科医師会会長、安田会長、川口会長、重田博一薬剤師会副会長
 瀬谷区PTA連絡協議会(安田智考会長)はこのほど、瀬谷区三師会(医師会・歯科医師会・薬剤師会)と連携し、熊本地震に対する募金活動を行うことを決めた。期間は11月末まで。集まった募金は被災地の学校給食支援に充てる予定。

 熊本地震発生後の5月から募金活動を始め、各小中学校で継続して呼び掛けを行ってきた区PTA連絡協議会(以下、区P連)。今回の連携は区P連から三師会へ提案したもので、学校医の派遣など普段から密にやり取りを行っていることもあり、実現に至った。区医師会の川口浩人会長は、「医師会でも、被災地に向けて何か働きかけたいと思っていたところだった。協力できるならぜひ、と返事をした」と話した。東日本大震災の被災地に定置網漁船『瀬谷丸』を贈ろうと、2013年に区内で展開した募金活動に触れた安田会長。「『瀬谷丸』での実績がある瀬谷区は、団結して募金活動を行うことができる土壌がある」と実感を込める。

 今回の募金活動について、学校給食支援を行うことが決まったのは今年8月頃のこと。安田会長が熊本県のPTA連合会事務局長と直接会って話す機会があり、被災地の現状を聞いたことがきっかけだという。同県益城(ましき)町では給食センターが地震のため復旧の目途が立たず、現在も約3000人分の子どもたちの給食が供給停止となっている。この事実を受けた区P連は、「温かい給食を食べさせてあげたい」と募金活動の趣旨を決めた。

 今回の募金活動は、区内の各医療機関に設置される「平成28年熊本地震災害募金箱」という紙が貼られた募金箱を活用。11月末以降に回収し、区P連がまとめて年明けに熊本県P連に送る予定。安田会長は、「親である自分たちが率先して動くことで、何か子どもたちに伝えられたら。今できることをやっていきたい」と話した。

3/7家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

お住み替えはご相談下さい!

3月24日(日)まで「水回りクリーニングキャンペーン」実施中

https://www.rehouse.co.jp/store/futamatagawa/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6件

過去最多の48件

振り込め詐欺18年認知件数

過去最多の48件

2月21日号

手話取り入れ発表会

ダンススクールスタジオJ

手話取り入れ発表会

2月21日号

診断までの時間長く

認知症

診断までの時間長く

2月14日号

前原さんが県知事賞

シニア起業家ビジネスグランプリ

前原さんが県知事賞

2月14日号

国際的イベントに重点

横浜市予算案

国際的イベントに重点

2月7日号

歌で区制50周年お祝い

区民合唱団

歌で区制50周年お祝い

2月7日号

瀬谷の魅力発見!スタンプラリー

瀬谷区二ツ橋町190 045-367-5632 045-367-5692

http://www.city.yokohama.lg.jp/seya/

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク