瀬谷区版 掲載号:2016年9月29日号
  • LINE
  • hatena

小児医療通院費 小6まで助成拡充へ 自己負担「上限500円」に

社会

 小学3年生までとしている横浜市の小児医療通院費の助成について、2017年4月から小学6年生まで拡充する条例改正案が9月21日、横浜市会定例会で賛成多数で可決された。小学4年から6年生については1回の通院あたり上限500円の自己負担を求める。

 現行の横浜市の制度では患者負担分を市や県が負担することで、0歳から小学3年生までは通院・入院ともに実質無料、小学4年から6年生までは入院費は無料だが、通院費は大人と同じ3割負担となっている。

 改正後は通院費助成を小学6年生まで拡充し、4年から6年生については1回あたり上限500円の自己負担を適用する。500円以下の場合はその額が自己負担額となる。処方薬は院外薬局を使えば無料。また、保護者の所得が基準以上の場合に助成対象外とする所得制限は継続する。

 全額無料ではなく自己負担制継続の理由について市は「厳しい財政状況の中で持続可能な制度とするため」とする。現行制度での対象者は約24・1万人で市の年間負担額は約91・4億円。試算では今回の拡充で対象者は約6万3千人増加し、全て無料とした場合市の負担額は約15億円増えるが、500円の自己負担金導入により約4・8億円の削減効果があるとしている。

「不十分」との声も

 通院費助成については全国的に制度拡充の動きが進んでいる。県内では海老名市や平塚市などで中学3年生まで無料。政令指定都市の相模原市は小学6年生まで無料、川崎市は今回の横浜市と同じ形の改正案を議会に提案している。他都市の状況もあり、今回の改正については「不十分だ」という意見も。市は「一歩ずつ充実させ、今後も検証を重ね、引き続き検討していきたい」としている。
 

3/7家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

お住み替えはご相談下さい!

3月24日(日)まで「水回りクリーニングキャンペーン」実施中

https://www.rehouse.co.jp/store/futamatagawa/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6件

過去最多の48件

振り込め詐欺18年認知件数

過去最多の48件

2月21日号

手話取り入れ発表会

ダンススクールスタジオJ

手話取り入れ発表会

2月21日号

診断までの時間長く

認知症

診断までの時間長く

2月14日号

前原さんが県知事賞

シニア起業家ビジネスグランプリ

前原さんが県知事賞

2月14日号

国際的イベントに重点

横浜市予算案

国際的イベントに重点

2月7日号

歌で区制50周年お祝い

区民合唱団

歌で区制50周年お祝い

2月7日号

瀬谷の魅力発見!スタンプラリー

瀬谷区二ツ橋町190 045-367-5632 045-367-5692

http://www.city.yokohama.lg.jp/seya/

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク