瀬谷区版 掲載号:2017年1月26日号 エリアトップへ

隼人卓球部笹尾さん 全日本ジュニアで初優勝 強豪倒し、自身初の全国一

スポーツ

掲載号:2017年1月26日号

  • LINE
  • hatena
優勝トロフィーとメダルを掲げ、笑顔の笹尾さん
優勝トロフィーとメダルを掲げ、笑顔の笹尾さん

 東京体育館(東京都渋谷区)で16日から22日まで行われた「天皇杯・皇后杯 平成28年度全日本卓球選手権大会」ジュニア女子シングルスで、横浜隼人高校・女子卓球部の笹尾明日香さん(2年)が強豪を倒し、初優勝の快挙を成し遂げた。全国タイトル獲得は自身・同部ともに初。

 並み居るライバルを制し、初の全国一位に輝いた。昨夏のインターハイでは個人・団体ともにベスト8入りを果たしたが、優勝を逃したことで悔しさが残る結果に。だからこそ、「この大会は優勝するという強い思いで臨んだ」と笹尾さん。「結果につながって嬉しい」と笑顔を見せた。

 準々決勝以降の対戦相手3人は、いずれも直近の試合で戦って負けていた選手たち。決して楽な道のりではなかった。苦労したのは3試合目、野村萌選手(愛知みずほ大瑞穂高)との対戦だったと言う。2セットを先取したが取り返され、勝負は5セット目。あと1点取られたら負けが決まるという状況に陥ったが、サーブによる連続得点で危機を脱し、勝ち上がった。

 「試合中は1セット1セット取る、という気持ち。自分を信じられるようになってきた」と言葉には自信がこもる。大会直前に足の裏やかかとに炎症が起きたが、これを機にバックハンドの攻撃も強化。「けがで動きに制限が出たことで、逆に引き出しが増えた。この作戦がダメでも次がある、と焦らず対応できたと思う」と振り返った。日頃指導にあたる岸昌宏教諭も「戦術を徹底できたことが勝因では。状況に応じて対応できた。試合が進むにつれ強くなっていった」と高く評価。また、昨年10月からのプレースタイルの調整も功を奏したと分析した。

 4月から高3となる笹尾さんは、「全日本という大きな大会での優勝だけど、あくまでもジュニア。全体で見ればまだステップで、満足はしていない」と冷静だ。今後は年齢制限のない一般での優勝、さらには世界で活躍できるようになりたいと目標を掲げた。

公明党横浜市議団

女性の生きづらさ解消へ支援 「生理の貧困」受け、市内で無料配布

https://www.k-kubo.yokohama/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

原小で学習支援開始

阿久和南部地区社協

原小で学習支援開始 教育

子どもの意欲を育む

6月24日号

食品ロス削減へ地産地消

瀬谷第二小学校

食品ロス削減へ地産地消 社会

小松菜栽培に挑戦

6月24日号

自然生かした3エリアへ

旧上瀬谷通信施設の公園

自然生かした3エリアへ 社会

基本計画の原案まとまる

6月17日号

養育費確保に新制度

横浜市

養育費確保に新制度 社会

ひとり親を支援へ

6月17日号

瀬谷区、普及へ独自補助

感震ブレーカー

瀬谷区、普及へ独自補助 社会

地震時の電気火災防止へ

6月10日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月10日号

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter