瀬谷区版 掲載号:2017年3月16日号 エリアトップへ

隣接4市と図書館利用協定 川崎・鎌倉・藤沢・大和で可能に

教育

掲載号:2017年3月16日号

  • LINE
  • hatena
隣接市民用に横浜市の図書館が発行するオレンジ色の貸出カード
隣接市民用に横浜市の図書館が発行するオレンジ色の貸出カード

 横浜市は、隣接する川崎・鎌倉・藤沢・大和の4市と図書館の相互利用に関する協定を締結した。これにより3月1日から、横浜市民も4市の図書館で本を借りることができるようになった。

 この取組みは「横浜市民の読書活動の推進に関する条例」に基づき、市民の読書環境の整備を目的として行うもの。

 これまで横浜市民が市外で本を借りる際は、川崎市が設けている貸出サービス制度が利用できた。その他は市外に在勤・在学している場合、その自治体のルールに基づき図書館利用が可能だった。今回の協定により、買い物などで隣接する他市が生活圏となる場合、在勤・在学の有無にかかわらず図書館が利用できるようになった。

 横浜市内では、全国トップクラスの約170万冊を蔵書する中央図書館=西区=をはじめとして、各区の図書館や移動図書館が対象となる。

 同館企画運営課長の熊谷秀三課長は「他市と隣接する区では、生活圏が市外という人もいるはず。今回協定を結んだ中では駅の近くに大きな図書館がある市もあり、横浜市民が便利になるための相互利用」と説明する。

 他市での利用には、それぞれの図書館で利用登録が必要。横浜市を含む各市とも、本の予約は不可。本の返却は借りた市の図書館となる。横浜市の図書館の場合、隣接市民用にはオレンジ色の貸出カードが配布される。

瀬谷区版のローカルニュース最新6

他公共施設の5倍の利用

横浜市EV公道充電器

他公共施設の5倍の利用 社会

実験1年、月平均259回に

6月30日号

火災時の初期対応学ぶ

阿久和東の老人ホーム

火災時の初期対応学ぶ 社会

消防職員招き訓練

6月30日号

ヘルスメイトを養成

ヘルスメイトを養成 社会

7月からセミナー

6月30日号

区民2人の受章を称える

春の叙勲と褒章

区民2人の受章を称える 社会

区役所で伝達式

6月30日号

夏に向け瀬谷音頭に磨き

夏に向け瀬谷音頭に磨き 文化

文化協会が講習会

6月30日号

小野リサさん公演

小野リサさん公演 文化

8月20日 秦野でボサノバの調べ

6月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月10日0:00更新

  • 2月3日0:00更新

  • 1月20日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook