瀬谷区版 掲載号:2017年3月23日号 エリアトップへ

上瀬谷小 8年間の活動に「感謝」 今年度で米作りが終了

教育

掲載号:2017年3月23日号

  • LINE
  • hatena
写真を見ながら説明する宮島代表
写真を見ながら説明する宮島代表

 上瀬谷小学校(古谷野明校長)で3月14日、ボランティア団体「瀬谷環境ネット」の宮島行壽代表による「上瀬谷小米つくりと大谷戸の生物多様性」の授業が行われた。

 同校では2008年から、同団体の協力をもとに5年生の総合学習で米作りを実施してきた。しかし、旧上瀬谷通信施設返還にともなう跡地利用の影響で、これまで活動拠点としてきた「順環田」の使用が困難になったため、今年度で終了が決定。「最後の授業」として5年生約120人が参加し、8年間をまとめる内容となった。

自然の豊かさ実感

 授業は、写真を見ながら一年間の米作りを振り返る形で進行。「稲を天日干しする目的は何でしょう」など宮島代表からの問いかけに、児童らが元気よく答える場面も。泥まみれで行った代掻き作業「どろんこまつり」や、秋の稲刈りが楽しかったという感想が多数上がっていた。

 後半では、イタチやアライグマ、ハクビシンといった「順環田」周辺で見られる生き物を紹介。足跡の写真を目にした児童からは驚きの声が上がり、改めて、上瀬谷地区の自然環境の豊かさや生物の多さを実感しているようだった。

 宮島代表は、「『順環田』は瀬谷市民の森に住む生き物の餌場であり、重要な場所。いろいろな生き物が互いに食べたり食べられたりして、命をつないでいる」と説明。さらに、「人は生物の一員で、自然に生かされている。これからも、大谷戸の自然を見守っていってください」と語った。最後は児童らからも宮島代表に感謝の言葉が贈られ、ともに取り組んできた8年間の活動を締めくくった。

「どろんこまつり」の様子(昨年6月)
「どろんこまつり」の様子(昨年6月)

瀬谷区版のローカルニュース最新6

愛情注いだ花々巡って

瀬谷オープンガーデン

愛情注いだ花々巡って 社会

個人宅や公園など会場に

4月22日号

市民から写真を募集

瀬谷区民活動センター

市民から写真を募集 社会

ミニギャラリーに展示

4月22日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月22日号

アフリカの現代アート

アフリカの現代アート 文化

日本大通りで原画展

4月22日号

異文化交流の支援を

異文化交流の支援を 社会

市が補助金公募開始

4月22日号

『RareA』に新ページ

『RareA』に新ページ 社会

茅ヶ崎情報「#ちがすき」

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter