瀬谷区版 掲載号:2017年8月10日号
  • googleplus
  • LINE

三枝浩基さん(橋戸在住) 金メダルの重み、実感 デフリンピックで快挙

スポーツ

金メダル獲得を喜ぶ選手たち。右から三枝さん、山田さん、設楽さん、佐々木さん。※(一財)全日本ろうあ連盟より写真提供
金メダル獲得を喜ぶ選手たち。右から三枝さん、山田さん、設楽さん、佐々木さん。※(一財)全日本ろうあ連盟より写真提供
 7月30日に閉幕した、ろう者の国際スポーツ大会「夏季デフリンピック競技大会」に、区内橋戸在住の三枝浩基さん(26)が陸上男子4×100mリレーの日本代表として出場し、同競技初となる金メダル獲得に貢献した。三枝さんは「金メダルの感触は本当に重い。歴史を作ることができました」と快挙達成を喜んだ。

陸上400mリレーで頂点に

 同大会は4年に一度開かれており、今回はトルコの都市・サムスンを舞台に7月18日から行われた。陸上男子4×100mリレーの日本チームは、28日の準決勝3組を1位で突破し、翌日の決勝に駒を進めた。決勝のメンバーは三枝さん、山田真樹さん(東京・19)、設楽明寿さん(茨城・22)、佐々木琢磨さん(宮城・23)。「上下関係なく言い合える」(三枝さん)というチームワークで、頂点を目指した。

 三枝さんは、レース展開を左右する第1走者。フライングしないよう注意しながらも、力強いスタートダッシュを心がけたという。大舞台の緊張もあったが、「絶対やるぞ」という気持ちを前面に押し出して力走した。日本チームはバトンパスを完璧に行い、アンカー・佐々木さんが最後の直線で2位・ウクライナの選手を引き離してゴールイン。41秒66という日本ろう新記録で、世界一に輝いた。

4年後に意欲

 三枝さんは兵庫県出身で、生まれつき聴覚に障がいがある。高校から陸上を始め、これまでに100m国内1位、リレーで世界3位になるなど活躍した。デフリンピックは、前回大会に続き2度目の出場。父親の隆行さん(48)は、今大会の陸上・日本代表監督を務めており、レース終了後は「世界一を獲得してくれてありがとう」と抱擁したという。

 今後の目標については、4年後のデフリンピック連覇、そして個人種目でのメダル獲得を挙げた。

瀬谷区版のトップニュース最新6件

部活休養日、週2以上へ

横浜市立中

部活休養日、週2以上へ

2月22日号

3者連携でコミュカフェ

ケアプラザ介護事業所・区民

3者連携でコミュカフェ

2月22日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月15日号

「小兵」、走力で頂点に

原中学校男子バスケ部

「小兵」、走力で頂点に

2月15日号

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月8日号

農業の「いろは」学ぶ

瀬谷第二小4年生児童

農業の「いろは」学ぶ

2月8日号

大成祭典 希望が丘葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

食品ロス削減、冷蔵庫から

食品ロス削減、冷蔵庫から

区、専門家招き講座

3月5日~3月5日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク