瀬谷区版 掲載号:2017年10月26日号 エリアトップへ

横浜市 いじめ防止で新方針 「受けた側に立脚」明確化

教育

掲載号:2017年10月26日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は10月6日、「市いじめ防止基本方針」を改定した。福島第1原発事故で市内に自主避難した男子生徒へのいじめ問題を受け、いじめの定義に「受けた側に立った判断」を明示。学校や市教育委員会の具体的な対応策を明文化した。

 昨年明らかになった、自主避難生徒へのいじめ問題では、市教委や学校が適切な対応を取らず、重大事態との認識に立った調査開始が1年7カ月後となり基本方針が機能しなかった。

 改定は、再発防止検討委員会の報告書、国の基本方針の改定、市民意見募集を踏まえたもの。市教委は、自主避難生徒への対応が遅れた要因に「被害者心情に充分に配慮できず、いじめに気づけなかった」との反省から、いじめの定義に「受けた児童生徒が心身の苦痛を感じているもの」と追加。「金品をたかられた」などの事例も盛り込み、いじめを広く捉え、判断を表面的、形式的にせず「受けた子どもの立場に立つことが必要」と明確にした。

専門家を積極活用

 改定方針では学校、市教委の施策を具体化。学校の対応策では、各校に「いじめ防止対策委員会」を常設。月1回の開催を義務付け、児童生徒の変化に気づける体制を構築する。

 市教委の対応策として、専門家の積極活用を掲げた。いじめには家庭環境などが絡んでいるケースもあり、スクールソーシャルワーカーなどとの連携を強化。区役所や学校生活あんしんダイヤルなどの学校外の相談窓口も周知する。

 これまで学校の対応が主だったことを受け、重大ないじめが疑われる場合は、緊急対応チームを配置。早期に職員を学校に派遣し、学校だけで解決が困難な事案には、弁護士のアドバイスが受けられる体制を整え、教育委員会事務局全体で対応するとした。また、自主避難生徒のいじめ問題では調査開始が遅れたことから「重大事態」が疑われた段階でその判断を組織的に行うこととした。

 岡田優子教育長は「教育委員会事務局、学校現場でしっかり共有し、一丸となっていじめ防止に取り組む」とコメント。市内のある校長は「教職員間でコミュニケーションを取り、報告しやすい環境をつくることが大切。学校全体で児童生徒の変化に気づく体制を構築する必要がある」と話した。

 市の方針に合わせて各学校の基本方針も今年度中に改定される予定。

公明党横浜市議団

女性の生きづらさ解消へ支援 「生理の貧困」受け、市内で無料配布

https://www.k-kubo.yokohama/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6

委員会構成決まる

県議会

委員会構成決まる 政治

6月24日号

夏の熱戦 組み合わせ決定

夏の熱戦 組み合わせ決定 スポーツ

高校野球 県大会

6月24日号

”1”に因んだキルトずらり

1tas1カフェ

”1”に因んだキルトずらり 社会

26日まで展示

6月17日号

初夏の和泉川を散策

初夏の和泉川を散策 スポーツ

 瀬谷水緑の健康ウオーク

6月17日号

熱中症予防を呼びかけ

瀬谷消防署

熱中症予防を呼びかけ 社会

感染対策との両立も

6月10日号

福田峰之氏が出馬へ

横浜市長選

福田峰之氏が出馬へ 政治

IR誘致は「ニュートラル」

6月10日号

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter