瀬谷区版 掲載号:2017年10月26日号 エリアトップへ

(PR)

火災共済で住まいの安心を 新規加入キャンペーン実施中

掲載号:2017年10月26日号

  • LINE
  • hatena
「お気軽にご相談ください!」
「お気軽にご相談ください!」

 秋も深まり、火災が増える季節。建物や家財への備えは心配でも、家計のことを考えると保険等の出費は抑えたい…。

 横浜市民共済は、営利を目的とせず、組合員が互いに助け合う火災共済制度を、昭和31年から行っている。手頃な掛金で火災等の損害に備えることができ、剰余金は利用分量に応じて割り戻される。

 「火災共済」と聞くと、火災だけの保障かと思われがちだが、水漏れや落雷などの損害も対象だ。特に団地やマンションでは水漏れ事故は階下に損害を及ぼしてしまうことも多い。市内の団地に住む契約者は「団地では火災や水漏れがあると、隣近所も被害を受けることになる。皆が保障の備えがあれば、地域の安心にもつながる」と語っていた。

 二俣川駅から近い普及サービスセンターでも説明や契約ができるが、地域担当の職員が直接訪問することもできる。10〜11月は、新規見積りのプレゼントもあるので、この機会に問合せてみてはどうだろうか。

■横浜市民共済生活協同組合/横浜市旭区二俣川1の10の15坂本ビル1階

横浜市民共済生活協同組合

横浜市旭区二俣川1-10-15 坂本ビル1階

TEL:0120-073-204

https://www.yokohamashimin-kyosai.or.jp/others/futa_service.html

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のピックアップ(PR)最新6

ワンランク上の暮らしを

サービス付き高齢者住宅 スカイステーション

ワンランク上の暮らしを

医療や看護環境も充実

2月20日号

もの忘れ検診(無料)のご案内

横浜甦生病院ふれあいだより㉟

もの忘れ検診(無料)のご案内

2月13日号

定期預金に年利0・2%上乗せ

定期預金に年利0・2%上乗せ

3月末まで スルガ銀行で特別金利キャンペーン

2月6日号

地域の人材、今年度も募集

横浜市

地域の人材、今年度も募集

放課後の児童見守り

2月6日号

わずかな採血で「がんリスク」を判定

わずかな採血で「がんリスク」を判定

男性6部位 女性9部位が対象

1月23日号

「市民後見人」を知る

「市民後見人」を知る

養成課程の説明会

1月16日号

「日曜法話会」開催

妙法院

「日曜法話会」開催

仏教に親しむ

1月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク