瀬谷区版 掲載号:2018年1月18日号
  • LINE
  • hatena

(PR)

「市民後見人」を知る 養成課程の説明会

 認知症などにより判断能力が不十分な人を支援する身近な存在「市民後見人」。その第4期養成課程開講にあたり説明会が開催される(詳細は表参照)。横浜市社会福祉協議会 横浜生活あんしんセンターと横浜市健康福祉局の主催。

 内容は横浜市における市民後見人養成・活動支援の状況や養成課程の研修内容、受講要件などについて。参加対象は横浜市民で25歳以上、70歳未満(2018年6月1日現在)の人。受講するためには、説明会への参加が必須。

 説明会初日の2月14日には、同会場で市民後見人に関するシンポジウムも開かれる。午後1時30分〜3時40分、申込不要で定員300人。(問)横浜生活あんしんセンター【電話】045・201・2009

横浜市社会福祉協議会会長 大場茂美

横浜市中区桜木町1-1横浜市健康福祉総合センター9階

TEL:045-201-2009

http://www.yokohamashakyo.jp/ansin/

瀬谷区版のピックアップ(PR)最新6件

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月18日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク