瀬谷区版 掲載号:2018年2月1日号
  • googleplus
  • LINE

文化財火災想定し訓練 長屋門ボランティアら参加

社会

放水を行う参加者と消防隊員ら
放水を行う参加者と消防隊員ら
 「文化財防火デー」として全国的に定められた1月26日に合わせ、長屋門公園で消防訓練が行われた。同園スタッフやボランティアらが参加し、119番通報や避難の動きを確認した。

 「文化財防火デー」は、1949年に奈良県の法隆寺で発生した火災に基づき制定。現存する世界最古の木造建築物が焼け落ちたことを契機に、文化財保護の機運が高まった。この日を中心に、横浜市内各区では消防訓練を毎年実施。瀬谷区では同園のほか、上瀬谷町の妙光寺で行われた。

 母屋近くの林で火事が発生したことを想定し、参加者が「火事だ」と叫ぶと、119番通報と初期消火を実行。瀬谷第一消防隊も加わり素早く放水を行った。

 放水を体験したボランティアの男性は、「自分たちができることをやるのが大事だと改めて思った」と話し、同園事務局長の清水靖枝さんは「何かあった時は、皆で助け合って動けるようにしたい」と語った。

 同園には屋外消火栓や放水銃、屋根にはドレンチャーと呼ばれる消火設備があり、問題なく使用可能かどうかも確認。深澤義一瀬谷消防署副署長は「被害規模を抑えるには初期消火が大事。文化財が後世に残るよう訓練を重ねていきましょう」と呼び掛けた。

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク