瀬谷区版 掲載号:2018年3月15日号 エリアトップへ

17年度区民意識調査 住まい環境の満足度、6割 不満を大きく上回る

社会

掲載号:2018年3月15日号

  • LINE
  • hatena

 瀬谷区役所はこのほど、2017年度の区民意識調査の結果を発表した。住まい周辺の環境について「満足」と「やや満足」が計61・4%となり、「不満」「やや不満」(計29・3%)を32・1ポイント上回った。

 この調査は区政推進の基礎資料とするため、隔年で行われている。今年度は、住まい周辺の環境や生活満足度、心配事や相談先などに加え、2019年に迎える瀬谷区制50周年についても調べた。

 対象は、無作為抽出した区内在住・18歳以上の男女3000人。昨年9月11日から29日までを調査期間として郵送で配布し、1278件の回収があった。

 調査結果によると、住まい周辺の環境に満足感を抱いている人は6割。特に満足度が高い項目として、「ごみの分別・リサイクルなどの取り組み」、「日常の買い物の便」、「街並みや景観、地域の住環境」が挙がり、いずれも「満足」「やや満足」合わせて60%前後だった(上表)。

 その一方で、「商店街の活力、賑わい」「道路・歩道の整備状況」は不満足度が高くなっており、「不満」「やや不満」が5割超。また、4、5年前と比較した、住まいの総合的な環境は「変わらない」が55・9%だった。

 「心配事」については、「地震・災害」(54・7%)が最多で、「家族の健康や生活上の問題」「自分の病気や老後のこと」がそれぞれ50%前後で続いた。災害や防犯の相談先としては、「区役所・行政機関」「家族・親戚」「自治会・町内会」が挙がっている。

50周年の調査も

 区制50周年は「知らない」(77%)が、「知っている」(21%)を上回った。記念事業については、文化イベント(47・7%)や記念誌の発行(28・2%)を望む回答が多かった。

 瀬谷区を象徴する物事としては、「緑の多い環境、空気が良い」(185件)、「桜並木」(147件)が小分類項目の上位2位を占めており、自然環境をシンボルと捉えている区民が多いことが分かった。3位は「米軍用地の今後、有効活用」で、2015年に返還され、国際園芸博覧会の招致も検討されている旧上瀬谷通信施設への関心の高さも明らかとなった。

 調査結果の詳細は、区役所ホームページや区企画調整係窓口で確認できる。

瀬谷区版のローカルニュース最新6

2年連続で無火災

阿久和北部連合

2年連続で無火災 社会

市から表彰受ける

5月26日号

小中学生対象の卓球教室

小中学生対象の卓球教室 社会

阿久和地区センター

5月26日号

レッスンの成果を披露

レッスンの成果を披露 文化

ダンス発表会に200人

5月26日号

障がい者の働く機会応援

憲章Tシャツ

障がい者の働く機会応援 社会

売上の一部が工賃に

5月26日号

1歳枠拡大支援 鮮明に

横浜市保留児対策

1歳枠拡大支援 鮮明に 社会

対応施設に補助金

5月26日号

「ももクロ」とコラボ

横浜中華街

「ももクロ」とコラボ 文化

スタンプ集めて、食べ歩き

5月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月10日0:00更新

  • 2月3日0:00更新

  • 1月20日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook