瀬谷区版 掲載号:2018年3月15日号 エリアトップへ

和紙ちぎり絵600点 上野の森美術館で作品展

文化

掲載号:2018年3月15日号

  • LINE
  • hatena
展示作品「アザレア」
展示作品「アザレア」

 「ハクビ和紙ちぎり絵学院」が4月8日(日)から14日(土)まで、上野の森美術館(東京都・台東区)で創作展を開く。10時から17時まで(最終日は14時)。入場料500円。

 和紙ちぎり絵は、和紙の魅力を活かしながら、絵として表現するアート。作品づくりを通して色彩・バランス感覚が養われるばかりでなく、完成をイメージして指先を動かす作業が脳トレにもつながるとして、近年、愛好家が増えている。会期中は季節の花や風景など約600点を展示。同学院では、「心癒されるひと時をお過ごしください」と来場を呼びかけている。

読者プレゼント

 この創作展の無料招待券を読者先着50人にプレゼント。希望者はハガキに住所・氏名・電話番号を明記し、〒170-0002東京都豊島区巣鴨2の11の1巣鴨室町ビル3階ハクビ和紙ちぎり絵学院「上野の森TN」係。3月27日(火)消印有効。当選者の発表は発送をもって。問合せは【フリーダイヤル】0120・860・891。

瀬谷区版のローカルニュース最新6

瀬谷の逸品が一冊に

【Web限定記事】

瀬谷の逸品が一冊に 経済

7年ぶりの追加認定を反映

3月4日号

より良い地域福祉保健計画へ

【Web限定記事】

より良い地域福祉保健計画へ 社会

瀬谷区、第4期策定へ市民意見を募集

3月4日号

気の向くまま

【Web限定記事】

気の向くまま 文化

優のほっこり作品展【66】

3月4日号

ぽかぽかプラザが開設決定

【Web限定記事】プレイバック瀬谷37

ぽかぽかプラザが開設決定 社会

14年5月を振り返る

3月4日号

長屋門で雛人形展

体操で健康目指す

体操で健康目指す 社会

文化協会が体験講座

3月4日号

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月11日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク