瀬谷区版 掲載号:2018年3月29日号 エリアトップへ

鉄道小説大賞 相鉄沿線の魅力を物語に 市内在住・宮崎さんが大賞

文化

掲載号:2018年3月29日号

  • LINE
  • hatena
大賞作品などを掲載している冊子
大賞作品などを掲載している冊子

 相鉄線や沿線の街、人、自然などを舞台にした短編小説を募集するコンテスト「鉄道小説大賞」が初開催され、市内在住の宮崎辰夫さん=人物風土記で紹介=の作品「橋の記憶」が大賞に選ばれた。

 同コンテストは相鉄グループの100周年を記念し、相鉄沿線の魅力をより多くの人に知ってもらうために初めて開かれ、国内外から475点の応募があった。「中田英寿 鼓動」などの著作があるノンフィクション作家・小松成美さんらが審査員を務め、一次と最終の審査を通して大賞1点、優秀賞2点、相鉄賞2点、本屋特別賞1点が選出された。

 一次審査通過作品はホームページで公開中。大賞と優秀賞の作品を掲載した冊子は、くまざわ書店三ツ境店や天一書房瀬谷店で無料配布している(無くなり次第終了)。詳細はホームページ参照。その他の受賞者は以下(順不同、敬称略)。

▽優秀賞/新井爽月、田中マル▽相鉄賞/奴川際、井々井楠梨▽本屋特別賞/あざまあんり

瀬谷区版のローカルニュース最新6

11月にふるさとウォーク

11月にふるさとウォーク スポーツ

主催者が参加者募る

10月22日号

保育の方向性を共有

保育の方向性を共有 教育

大学教授が講演

10月22日号

事業者にステッカー

事業者にステッカー 経済

市、感染予防策後押し

10月22日号

本郷公園でピラティス

不妊治療の支援へ意欲

三原副大臣ら

不妊治療の支援へ意欲 政治

市内クリニックを視察

10月22日号

長年続く大門小の凧揚げ

【Web限定記事】プレイバック瀬谷㉖

長年続く大門小の凧揚げ 社会

17年5月を振り返る

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク