瀬谷区版 掲載号:2018年6月28日号
  • LINE
  • hatena

瀬谷区の民話を紙芝居に 区、次世代への継承図る

教育

「かまとりいけ」と「ひとつめこぞう」を制作した
「かまとりいけ」と「ひとつめこぞう」を制作した

 地域で語り継がれてきた民話を未来に残そうと、瀬谷区役所が紙芝居を制作した。1984年に発行された「瀬谷区の民話と昔ばなし 全15話」から「かまとりいけ」と「ひとつめこぞう」を作品化。7月1日(日)から瀬谷図書館と瀬谷区民活動センターで貸し出し、区民への普及を図る。

7月から図書館などで貸出

 題材となった「瀬谷区の民話と昔ばなし」は、区民有志と区役所が協力して34年前に発行。地域で口伝されてきた15編の民話を、編さん委員が高齢者や郷土史家に聞き取りしながら調べ上げて、冊子とテープにまとめた。また、2010年にはこれを基に、「かまとりいけ」と「ひとつめこぞう」を含む3編が劇作品などとして脚本化された。

 紙芝居化は、2019年の区制50周年に向けて企画。担当した地域振興課職員は「読み聞かせできる紙芝居にすることで、多くの区民に民話を知って欲しかった」とその意図を説明する。

 「かまとりいけ」は、阿久和川の源流にあったとされる池にまつわる話。鎌で草刈りする若者と、美しい謎の女性とのやりとりを描いている。昔の瀬谷村に伝わる「ひとつめこぞう」は、行儀が悪い子どもたちの家に一つ目小僧が訪れるというエピソードだ。

児童も読み易く

 制作は専門業者と協力しながら、34年前の民話と8年前の劇脚本をミックスして進められた。こだわったというのが、子どもが読み聞かせできるように、分かりやすく作ること。小学校の高学年生を想定して漢字に振り仮名を付けたり、難解な言葉には解説文を添えている。「高学年の児童が低学年の子どもに読んでもらえると嬉しい」と職員。また、時代背景も考慮し、作品の絵が昔の瀬谷の風景などとかけ離れたりしないよう、郷土資料を調べたという。

 7月1日から瀬谷図書館と区民活動センター(せやまる・ふれあい館)で貸し出す。職員は「地域サロンや子ども会の行事など様々な場面で、幅広い世代に活用してもらい、民話が広まっていけば」と期待している。問合せは同課【電話】045・367・5693。
         

瀬谷区版のトップニュース最新6件

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月18日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク