瀬谷区版 掲載号:2018年7月5日号
  • googleplus
  • LINE

電動車椅子サッカー 永岡さん、関東連覇に貢献 副主将として4得点

スポーツ

電動車椅子で巧みにボールを操る永岡さん※本人より写真提供
電動車椅子で巧みにボールを操る永岡さん※本人より写真提供
 自立歩行が困難な人もプレーできる電動車椅子サッカー。関東圏のチームが参加する「2018電動車椅子サッカー交流大会inちば」が6月10日に千葉県であり、三ツ境在住の永岡真理さん(27)が「Yokohama Crackers(クラッカーズ)」の副キャプテンとして4アシスト4ゴールの活躍を見せて、チームの大会連覇に貢献した。

 この競技は、電動車椅子の正面に取り付けたフットガードを使い、キックやドリブルなどを行う。選手の多くは自立歩行が難しかったり、上体や首が保持できない人もいるが、手や口でジョイスティック型のコントローラーを操作してプレーする。1チーム4人編成。主にバスケットボールのコートで試合し、最高速度6Km(※国際ルールは10Km)で選手が激しく動き回る。スピード感、繊細な操作から生み出されるシュートやパス、1対1での駆け引きが魅力。

 クラッカーズは、障害者スポーツ文化センター・横浜ラポール(港北区)を拠点に活動。日本代表を輩出し、昨年に全国優勝した強豪だ。同大会では勝敗を追求するディビジョン1に出場し、トーナメント3試合を12得点1失点で制した。

 副キャプテンで事務局長を務める永岡さんも活躍。準決勝では3ゴールをあげ、決勝戦では終了間際にディフェンスの間を抜くパスを通し、決勝点をアシストした。「4月に新体制になってから期間が浅かったけれど、去年に続き優勝できて嬉しいです」と喜んだ。

W杯を目指す

 体を動かす筋肉が弱くなる「脊髄性筋萎縮症」によって、4歳から車椅子で生活。小学2年で電動車椅子サッカーと出合い、高校2年の頃に同競技ワールドカップへの出場を目指すようになった。

 現在は、(株)マルハンのCSR・障がい者スポーツ推進担当として在宅勤務しながら練習に励む。得意なプレーは回転シュート。車椅子を360度回転させ、その遠心力でシュート力を上げるという大技で、今後は更に磨きをかけたいという。

 将来の目標は、21年にオーストラリアで開催予定のワールドカップに日本代表として出場すること。今後は、世界トップクラスの選手の意外性あるプレーに柔軟に対応できるよう、経験値を積みたいと考えている。さらに、24年のパリパラリンピックの追加競技候補に電動車椅子サッカーが残っており、「チャンスがあれば、パラリンピックの舞台に立ちたいです」と将来を見据えている。

9/28家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6件

障害者雇用、法定率下回る

横浜市

障害者雇用、法定率下回る

9月20日号

区民100人で「ハレルヤ」

紙芝居で「けが予防」啓発

伊藤吉治さん瀬谷消防署

紙芝居で「けが予防」啓発

9月13日号

築84年の神楽殿を再生

熊野神社

築84年の神楽殿を再生

9月13日号

刷新で喫食率向上なるか

ハマ弁

刷新で喫食率向上なるか

9月6日号

歌い手に木村さん

三ツ境南口商店街ミックルソング

歌い手に木村さん

8月30日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク