瀬谷区版 掲載号:2018年8月9日号 エリアトップへ

横浜すぱいす古川さん 「リカジョ賞」でグランプリ プログラミング教室が評価

教育

掲載号:2018年8月9日号

  • LINE
  • hatena
日産財団の久村春芳副理事長(左)と並び、受賞を喜ぶ古川さん(同財団提供)
日産財団の久村春芳副理事長(左)と並び、受賞を喜ぶ古川さん(同財団提供)

 ITやAIによる未来社会をリードする女性を育てようと、(公財)日産財団(志賀俊之理事長)が新設した「第1回日産財団リカジョ賞」において、瀬谷区の(一社)横浜すぱいすの古川三千代さんによるプログラミング事業がグランプリを獲得した。

 同賞の対象となるのは、全国の小中学校や博物館などの教育施設において、女子児童・生徒の理科への興味関心が深まったと評価できる取り組み。具体的には理科や生活科を中心とした授業、サイエンスショーのイベントなどで、顕著な実績があったものが対象となる。

 同賞には全国各地から14件の応募があり、4候補を選出。「第6回日産財団理科教育賞」の表彰と合わせて、7月26日にグランプリが発表され、古川さんと福島市立渡利中学校の菅野俊幸さんが選ばれた。

「裾野を広げたい」

 古川さんの取り組みは、「プログラミング体験でロボットが活躍する未来型キャリアに命を吹き込むのは女子」と銘打つ教育支援事業。プログラミングとは、コンピュータを思い通りに動かすために指示を与える行為で、2020年度から全国の小学校で「プログラミング教育」が必修化される。

 瀬谷区を始め市内の各学校で、ロボット製作やプログラミングを実践する、出張型の「課題解決型ロボットプログラミング教室」を続けてきた古川さん。技術の習得を促すとともに、新たな教育の在り方を示したとして評価された。「周りの人たちからも『良かったね』と声をかけてもらえて嬉しいです」と喜んだ。

 古川さんは、市内中学校の理科教諭として長年勤めた経験を生かし、退職後の2016年から、子どもの健全育成に関するさまざまな活動を行う横浜すぱいすに参加。プログラミングについて、「学習意欲の向上や仲間との協力、論理的思考を育てるなど、一石三鳥以上の効果がある」と語る。専門的な知識を身に付ければ、自宅で子育てする女性が活躍できる分野であるとも説明。「子どもの吸収力は凄いと実感している。理科好きの裾野を広げたい」と期待を込め、今後も各校での出張教室を続けるとしている。

瀬谷区版のトップニュース最新6

かながわブランドに登録

横浜瀬谷うど

かながわブランドに登録 社会

跡地返還で栽培方法模索

4月22日号

本多選手(東野)、五輪へ

本多選手(東野)、五輪へ スポーツ

水泳日本選手権で優勝

4月22日号

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

4月15日号

全柔連から表彰

柔道場善道館

全柔連から表彰 スポーツ

子どもへの普及に尽力

4月15日号

2年ぶりの開催へ

瀬谷オープンガーデン

2年ぶりの開催へ 社会

区HPで会場紹介も

4月8日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter