瀬谷区版 掲載号:2018年12月13日号 エリアトップへ

瀬谷本郷公園 一足早い春感じて 温度差利用し開花

文化

掲載号:2018年12月13日号

  • LINE
  • hatena
色とりどりのアイスチューリップ ※7日撮影
色とりどりのアイスチューリップ ※7日撮影

 瀬谷本郷公園(本郷1の70の2)では現在、春の訪れを思わせるような、チューリップが色鮮やかに咲いている。

 開花場所は公園北口の駐車場近くの花壇。同園責任者の草苅博さん=人物風土記に関連記事=によると、これは「アイスチューリップ」と呼ばれるもので、球根を冷蔵保管し、温度差で開花時期を調整する方法だという。気温が低い冬場は花持ちがよく、長い期間楽しめるとされる。

 約1000本のチューリップが赤やピンク、紫など色とりどりの花を咲かせており、草苅さんは「中旬までは見頃だと思う。一足早く春を感じてもらえれば」と話す。同園は現在、遊具設置などの工事が5月頃まで続く見込み。花は自由に見られる状況だという。

瀬谷区版のローカルニュース最新6

瀬谷第二地区秋の文化祭

見守り合いの集いに灯篭

阿久和北部

見守り合いの集いに灯篭 社会

7日に向原第二公園で

10月29日号

詐欺防止の動画配信

神奈川県警

詐欺防止の動画配信 社会

人気の実演販売士を起用

10月29日号

日々の感染対策を

新型コロナやインフルに備え

日々の感染対策を 社会

区医師会の池部副会長に聞く

10月29日号

不妊治療の支援へ意欲

三原副大臣ら

不妊治療の支援へ意欲 政治

市内クリニックを視察

10月22日号

長年続く大門小の凧揚げ

【Web限定記事】プレイバック瀬谷㉖

長年続く大門小の凧揚げ 社会

17年5月を振り返る

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月29日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク