瀬谷区版 掲載号:2019年3月7日号
  • LINE
  • hatena

南瀬谷小児童 「より良い瀬谷」へプレゼン 区制50年に合わせ学習

教育

発表する6年2組の児童
発表する6年2組の児童

 「瀬谷区をより良くする方法を発信したい」――。南瀬谷小学校6年2組の児童が2月25日、区制50周年に合わせて昨夏から取り組んできた「瀬谷区ドリームプロジェクト」について発表した。住民や区職員にインタビューした街の魅力や課題を踏まえ、福祉や環境などテーマごとに児童ならではの視点でプレゼンテーションした。

取材で理解深め

 総合学習の一環として行われた同プロジェクト。瀬谷区が2019年10月に50周年を迎えることから、その歴史を振り返るだけでなく、60年、70年と将来への提案を行うことを決めた。

 提案をまとめるにあたり、自分たちが感じる区の良い点や課題をピックアップした上で、「地域の声」を取材。家族や近隣住民にインタビューし、区職員からは住み良い街にするための取り組みなどを教わった。さらに、南瀬谷自治連合会の澁谷悦旦会長にも、地域に対する想いを聴いた。

 「瀬谷区は自然豊かで、南瀬谷は挨拶が盛んな地域だということが分かりました」と同組の天利元飛(はるたか)君と松崎奏さん。一方で、道路が狭く危険、自転車置場が汚い、公園でボール遊びができないなどの課題も見つかった。

 発表会は区職員や澁谷会長を招いて行われた。児童たちは「イベント」「福祉」「通路交通」「公園ルール」「公園スペース」「駅」「お店」「環境」の8グループに分かれて発表。区の野菜を使ったイベント、点字ブロックやエスカレーターの充実、見通しよく歩きやすい道路、公園でボール遊びができる環境づくり、駅近くへの大型店舗誘致を提案した。また、環境美化として、駅をきれいにするためのごみ箱設置、クーポンが当たる空き缶の回収システムといったアイデアも披露した。

 「学習を通じて、子どもたちは地域における人と人のつながりの大切さに気付くことが出来たと思います」と担任の舩田真延教諭。天利君と松崎さんは区の未来について、「交通事故や犯罪が無くなって欲しいです」「子どもや高齢者が安心して暮らせて、今みたいな自然が残っていると嬉しいです」とそれぞれ期待していた。

瀬谷区版のトップニュース最新6件

「発展に向け、躍動する年に」

今年は過去最多42会場

瀬谷オープンガーデン

今年は過去最多42会場

4月18日号

県議選は田村氏再選

統一地方選挙瀬谷区

県議選は田村氏再選

4月11日号

「心臓リハビリ」普及に着手

11月30日開業へ

相鉄・JR直通線

11月30日開業へ

4月4日号

二ツ橋町に移転

瀬谷区休日急患診療所

二ツ橋町に移転

4月4日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月18日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク