瀬谷区版 掲載号:2019年3月14日号
  • LINE
  • hatena

瀬谷第二保育園 区制50周年ソングを制作 14日から区HPで公開

社会

歌詞カードを持つ中田さん(左)と加藤園長
歌詞カードを持つ中田さん(左)と加藤園長

 今年の瀬谷区制50周年に合わせて、瀬谷第二保育園(瀬谷/加藤さと子園長)が応援ソング「そらと はなと きみと てと」を制作した。シンガーソングライターとして活動していた保育士の中田美和子さんが、子どもたちの絵や保護者のエピソードを基に作詞・作曲、歌も担当した作品で、3月14日(木)から瀬谷区役所ホームページで聴くことができる。

園児や保護者と創りあげ

 この歌は、中田さんが受け持つ年中組が、昨秋の運動会で披露するチアダンスの曲として制作された。明るくリズミカルな曲調で、「子どもや保護者と皆で、瀬谷区にちなんだオリジナルソングを創りたかったんです」と中田さん。「そらにはとり はなにはむしたち きみにはぼく てをつなごう」と始まる歌詞は、園児が花や空を描いた巨大な絵からイメージを膨らませた。保護者からは瀬谷区の思い出や好きな場所を募集。作詞の参考にしながら、間奏の語りの部分に、和泉川を散歩したエピソードや、長屋門公園にまつわる思い出などを盛り込んだ。

 サビは「ずっとずっとつづいてきたこのまち(はぐくまれてきたまち)おもいでとともに みらいへのいっぽ きみといく」と歌い、歴史を大切にしながらも未来を見据える内容に仕上げた。ダンスの振り付けは、曲を初めて聴いた時の園児の踊りをもとに、同じクラス担当の職員と考えたという。完成した曲と振り付けについて園児たちは「そらにはとりというところが好きです」「ダンスの最後のポーズが格好良い」と笑顔で話した。

 曲は14日から区役所ホームページで公開予定。加藤園長は「これから、この歌が広まっていけば」と期待している。

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6件

生活困窮者の早期支援へ

横浜市

生活困窮者の早期支援へ

4月25日号

新たなメイトガイド完成

瀬谷区民活動センター

新たなメイトガイド完成

4月25日号

生活困窮者の早期支援へ

横浜市

生活困窮者の早期支援へ

4月25日号

「発展に向け、躍動する年に」

今年は過去最多42会場

瀬谷オープンガーデン

今年は過去最多42会場

4月18日号

県議選は田村氏再選

統一地方選挙瀬谷区

県議選は田村氏再選

4月11日号

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月18日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月25日号

お問い合わせ

外部リンク