瀬谷区版 掲載号:2019年10月31日号 エリアトップへ

瀬谷区出身の宮川夫婦 30年前の作品に再会 区制50周年式典で

社会

掲載号:2019年10月31日号

  • LINE
  • hatena
家族で真吾さんの作品を手に笑顔の宮川家
家族で真吾さんの作品を手に笑顔の宮川家

 瀬谷区制50周年の式典が10月5日に瀬谷公会堂で行われ、20周年の時のタイムカプセル企画に参加した宮川真吾さん(39)と美由紀さん(39)夫妻が出席。思い出の作品と30年ぶりの再会を果たした。

 このタイムカプセルは1989年の区制20周年記念として企画された。「瀬谷区の未来」をテーマに、小中学生の絵画や文集など560点を収納。30年後に開封することになっていた。今年6月に開封式が行われ、当事者36人や家族が参加した。

 下瀬谷小学校(現・瀬谷さくら小)卒の真吾さんは「作品の記憶はなかったので瀬谷区役所から連絡が来たときは驚きました」と話す。開封式には参加できなかったため、10月の式典で作品と再会。下瀬谷小の児童が空の上で算数の勉強をしている様子が描かれており、「設定が斬新。自分の子どもの絵の方が上手」と笑う。

 瀬谷第二小学校卒の美由紀さんは同級生2人との合作。画用紙を黒く塗ったあと、尖ったもので削り線を描く手法で、30年後の江の島で人々が楽しんでいる様子を描写した。「よく遊んだ3人で描いた絵でした。作品があると聞いたときは見るのが楽しみでした」と話す。

 下瀬谷中学校に進んだ二人は3年生から交際をはじめ、2006年に結婚。現在は小学5年生と3年生の息子と保土ケ谷区に住んでいる。

家族の思い出に

 式典は家族で登壇。30年前の瀬谷区の様子や作品などについて語った。真吾さんは「何を話せば良いのか分かりませんでしたが、良い思い出になりました」と振り返る。区外に住んでいることもあり、式典への出席を迷ったという美由紀さんは「夫婦で作品が残っているのも何かの機会。何年後かに子ども達と家族の話題として話せたら」と笑顔を見せた。

 また今後の瀬谷区について二人は「50周年を迎えて、さらに住みやすい町になっていると思います。自然豊かなまま次の50年も続いていってほしい」と期待を寄せた。

運転免許証の自主返納者を応援!

運転経歴証明書を対象店舗で提示して、お得なサービスを受けよう!

https://www.city.yokohama.lg.jp/seya/kurashi/kyodo_manabi/kyodo_shien/shinko/menkyohennou.html

暮らしとスポーツを支える

イシケンスポーツ瀬谷店☎045-301-6044

http://ishiken-sp.com/wp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

小菊盆栽で県知事賞

瀬谷菊友会足立武夫さん

小菊盆栽で県知事賞 文化

天候不順に負けず制作

12月3日号

ピーク時の5分の1に

喫煙禁止地区過料処分

ピーク時の5分の1に 社会

マナー向上は依然課題

12月3日号

ボラだより、創刊100号

ボラだより、創刊100号 社会

支援の架け橋担い16年超

11月26日号

創立130年をお祝い

瀬谷小

創立130年をお祝い 社会

児童中心に企画進め

11月26日号

学校合奏コンで全国銀

南瀬谷中吹奏楽部

学校合奏コンで全国銀 文化

3チームそろい踏み

11月19日号

防護服500着を寄附

(株)竹虎(卸本町)

防護服500着を寄附 社会

救急隊員のコロナ対策に

11月19日号

チョコのシュトーレン販売中

三ツ境のまちパン屋・ベーカリーサザンヴィラでお待ちしています。

http://southern-villa.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

    〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜 連載

    地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

    第8回 バス停・公園・橋に残る地名【その1・バス停】文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

    11月26日号

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク