瀬谷区版 掲載号:2020年4月2日号 エリアトップへ

バンデリージャ横浜 障がい問わずサッカーを 「共に子育てをする思い」

社会

掲載号:2020年4月2日号

  • LINE
  • hatena
ボールを追いかける子どもたち
ボールを追いかける子どもたち

 阿久和南のサッカークラブ「バンデリージャ横浜」が、障がい児や集団行動が苦手な児童、課外活動が初めての子どもなどを対象としたキッズスクールを約1年前から開いている。障がいの有無に関わらずサッカーを楽しむ場として、地域の受け皿になっている。

 同スクールは一般社団法人バンデリージャスポーツクラブ(岩崎輝紀代表理事)が運営しており、毎月第1、または第2日曜日に同チーム専用グラウンド(阿久和南3の26の6)で開いている。対象は1〜12歳の障がい児をはじめ、集団行動が苦手だったり、初めてサッカーをする児童など幅広く対応している。内容は参加児童の希望により、ルールを簡略化したゲームやボール遊びなど多岐にわたる。親子で参加でき、費用は1家族1000円。

 同スクールに参加している小学1年生の母親である杉山三輪子さん(大和市在住)は「子どものペースに合わせて自由に参加できるのが良い。また、同じような悩みを持つご家族と情報交換したり交流する場にもなっている」と話す。

横の繋がりを作る

 昨年1月に開校した同スクール。立ち上げの中心となったのは、同チームのコーチであり、生活支援員として働く工藤嵩士さん。大和市の療育施設で働いていた際、利用者などにサッカーを教えていた経験を持つ。

 「外遊びやサッカーをしたくても受け入れてくれるスクールが少なく、自分が所属しているチームで何か力になれないかと思い立った」と工藤さん。平均して1回あたり7、8人の児童が参加し、半数以上が障がいのある児童だという。参加者からは月一度の楽しみになっているという声も上がり、子どもたちの居場所として手ごたえを感じている。岩崎代表は「自分たちの知らない部分だったが、チームにとって新たな挑戦であり発見だった。一緒に子育てをする気持ちで活動していきたい」と話す。

 今後は活動を周知させながら、周辺学校との協力を仰ぐなど、精力的に動いていくという。工藤さんは活動について「障がいの有無を問わず、色んな子どもや親が交流しながら、横のつながりができるようになってもらいたい」と語った。(問)同チーム事務局【電話】045・442・8312

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.k-kubo.yokohama/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

2年ぶりの開催へ

瀬谷オープンガーデン

2年ぶりの開催へ 社会

区HPで会場紹介も

4月8日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月8日号

障がい者の読書推進へ

瀬谷区

障がい者の読書推進へ 社会

LLブックなどを貸出

4月1日号

3年間の集大成で県2位

SIF

3年間の集大成で県2位 スポーツ

強豪揃う大会で快進撃

4月1日号

移動販売で買い物支援へ

イオンフードスタイル三ツ境店

移動販売で買い物支援へ コミュニティ社会

交流や見守りにも一役

3月25日号

手形アートで気運醸成

国際園芸博覧会

手形アートで気運醸成 社会

児童らが大輪の花表現

3月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク