瀬谷区版 掲載号:2020年4月30日号 エリアトップへ

横浜市 PCR検査所、設置へ 【Web限定記事】ドライブスルーで10カ所程度

社会

掲載号:2020年4月30日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は4月28日に発表した新型コロナウイルス対策の予算案でPCR検査強化事業に1億6400万円を計上した。PCR検査のための簡易検体採取所を市内10カ所程度に設置するほか、衛生研究所での検査に必要な資器材の購入・検体搬送業務の委託を行う。

 検体採取所は、自動車に乗った患者の検体を、窓越しに採取するいわゆる「ドライブスルー方式」を採用する方針。検査を希望する人は、かかりつけ医らに電話などで相談し、感染が強く疑われると診断されると市医師会の検査予約リストに登録できる仕組み。その際、直接本人に検査場所を通知する。本人かその家族が車を運転して来場できることが条件となる。

 市は5月初旬からの本格運用に向け市医師会と調整を進める。1人約5分〜10分程度の検査時間を見込むが、検査体制や人員確保なども調整中のため、検査可能人数は未定。なお、設置場所はプライバシー保護と直接の来訪者を避けるため、非公開とする方針だ。

 また、PCR検査費自己負担助成事業として、1億5100万円を確保。検査費用の自己負担分(保険適用後の自己負担最大5850円)を助成し無料化するとしている。これらの予算案は5月12日開会の市会臨時会で審議される。

瀬谷区版のローカルニュース最新6

瀬谷の逸品が一冊に

【Web限定記事】

瀬谷の逸品が一冊に 経済

7年ぶりの追加認定を反映

3月4日号

より良い地域福祉保健計画へ

【Web限定記事】

より良い地域福祉保健計画へ 社会

瀬谷区、第4期策定へ市民意見を募集

3月4日号

気の向くまま

【Web限定記事】

気の向くまま 文化

優のほっこり作品展【66】

3月4日号

ぽかぽかプラザが開設決定

【Web限定記事】プレイバック瀬谷37

ぽかぽかプラザが開設決定 社会

14年5月を振り返る

3月4日号

長屋門で雛人形展

体操で健康目指す

体操で健康目指す 社会

文化協会が体験講座

3月4日号

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月11日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

【Web限定記事】

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

横浜市社協などが生活支援

3月7日~3月7日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク