瀬谷区版 掲載号:2020年7月16日号 エリアトップへ

瀬谷さくら小 独自のチャイム導入 音で児童の意欲後押し

教育

掲載号:2020年7月16日号

  • LINE
  • hatena
1時間目開始のチャイムを聞く児童たち
1時間目開始のチャイムを聞く児童たち

 瀬谷さくら小学校(池田千晶校長)が7月9日から、オリジナルチャイムを導入した。「『よし、やるぞ』『できるかもしれない』と自分に自信がついてくる」をテーマに、同校の校章からメロディーが制作され、授業開始時に流れている。

 新型コロナウイルス感染症の影響で休校期間が続き、6月から分散登校開始となった同校。池田校長によると、新型コロナによる児童たちへの精神的影響を考慮し、校内の消毒作業に加えて、児童自ら感染対策できる合言葉の設定や、校内の流し場に距離を確保するための印をつけるなどの環境づくりに注力していたという。そんな中、音による環境づくりにも注目し、チャイム制作を決定。5月下旬から同校PTAと準備を進めていた。

校章からメロディー制作

 オリジナルチャイムは「井出 音 研究所」(東京都渋谷区)が制作した。同研究所担当者によると、校章デザインを音に変換し、その中から特徴的なメロディーをアレンジしたという。メロディーはハンドベルと、ハープの生演奏で構成されている。チャイムは2つの候補から全校児童と教員による投票で、7月8日に正式決定した。現在は1、3、5時間目の授業開始に流れている。

 「生演奏のチャイムはとても自然な感じがして、頑張ろうというやる気が出てきます」と6年生の大西百合華さん。同年の万城目飛鳥さんは「チャイムが変わると聞いたときは、どんな感じになるのか楽しみでした。この学校のためだけのチャイムなのでとても嬉しいです」と笑顔で話した。池田校長は「コロナに負けず、明日も学校に来たくなるような試みや教員にも元気がでるような取り組みを今後も続けたい」と語った。

同校の校章
同校の校章

瀬谷区版のトップニュース最新6

地域SNSで魅力発信

瀬谷区

地域SNSで魅力発信 社会

相鉄沿線4区で連携

3月4日号

「総合支援拠点」10区に設置

横浜市児童虐待対策

「総合支援拠点」10区に設置 社会

相談対応など強化へ

3月4日号

前年同水準の9453万円

瀬谷区21年度自主企画事業

前年同水準の9453万円 社会

定住促進など盛り込む

2月25日号

現職2氏の一騎打ちか

衆院選5区

現職2氏の一騎打ちか 政治

今秋までに解散総選挙へ

2月25日号

旧上瀬谷通信施設の整備に29億

【Web限定記事】横浜市 21年度予算案

旧上瀬谷通信施設の整備に29億 社会

土地区画整理や新交通の検討進める

2月18日号

1051枚の写真で彩るモザイクアート

【Web限定記事】瀬谷フェスティバル実行委員会

1051枚の写真で彩るモザイクアート コミュニティ社会

3月12日まで区民ホールで公開

2月18日号

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月11日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

【Web限定記事】

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

横浜市社協などが生活支援

3月7日~3月7日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク