瀬谷区版 掲載号:2020年7月16日号 エリアトップへ

瀬谷さくら小 独自のチャイム導入 音で児童の意欲後押し

教育

掲載号:2020年7月16日号

  • LINE
  • hatena
1時間目開始のチャイムを聞く児童たち
1時間目開始のチャイムを聞く児童たち

 瀬谷さくら小学校(池田千晶校長)が7月9日から、オリジナルチャイムを導入した。「『よし、やるぞ』『できるかもしれない』と自分に自信がついてくる」をテーマに、同校の校章からメロディーが制作され、授業開始時に流れている。

 新型コロナウイルス感染症の影響で休校期間が続き、6月から分散登校開始となった同校。池田校長によると、新型コロナによる児童たちへの精神的影響を考慮し、校内の消毒作業に加えて、児童自ら感染対策できる合言葉の設定や、校内の流し場に距離を確保するための印をつけるなどの環境づくりに注力していたという。そんな中、音による環境づくりにも注目し、チャイム制作を決定。5月下旬から同校PTAと準備を進めていた。

校章からメロディー制作

 オリジナルチャイムは「井出 音 研究所」(東京都渋谷区)が制作した。同研究所担当者によると、校章デザインを音に変換し、その中から特徴的なメロディーをアレンジしたという。メロディーはハンドベルと、ハープの生演奏で構成されている。チャイムは2つの候補から全校児童と教員による投票で、7月8日に正式決定した。現在は1、3、5時間目の授業開始に流れている。

 「生演奏のチャイムはとても自然な感じがして、頑張ろうというやる気が出てきます」と6年生の大西百合華さん。同年の万城目飛鳥さんは「チャイムが変わると聞いたときは、どんな感じになるのか楽しみでした。この学校のためだけのチャイムなのでとても嬉しいです」と笑顔で話した。池田校長は「コロナに負けず、明日も学校に来たくなるような試みや教員にも元気がでるような取り組みを今後も続けたい」と語った。

同校の校章
同校の校章

瀬谷区版のトップニュース最新6

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

30年以上無事故で表彰

平野靜男さん(南台在住)

30年以上無事故で表彰 社会

「絶対に急がない」運転を

10月22日号

地域クイズを独自発行

瀬谷第一地区連合町内会

地域クイズを独自発行 社会

コロナ禍の交流に一役

10月15日号

漫才と歌で詐欺撃退

漫才と歌で詐欺撃退 社会

警察や区、動画を配信

10月15日号

「おもてなし」再開

せやまるサポーター

「おもてなし」再開 コミュニティ社会

区庁舎案内、半年ぶりに

10月8日号

「運転席無人」バスは国内初

市・企業など実証実験

「運転席無人」バスは国内初 社会

将来の労働力不足に対策

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク