瀬谷区版 掲載号:2020年9月10日号 エリアトップへ

瀬谷リトル コロナに負けず県頂点 大会開催信じ練習続け

スポーツ

掲載号:2020年9月10日号

  • LINE
  • hatena
大会優勝を喜ぶ選手やコーチたち
大会優勝を喜ぶ選手やコーチたち

 旧上瀬谷通信施設のグラウンドを拠点とする硬式野球チーム「瀬谷リトルリーグ」(阿部裕史監督)が、8月に開かれた夏季リトルリーグ野球神奈川連盟大会で3年連続となる頂点に輝いた。コロナ禍で長期間にわたり活動が中断し、大会開催も危ぶまれるなか、モチベーションを維持して練習に打ち込んできたことが実を結んだ。

 瀬谷リトルには、小学6年生と中学1年生の19

人が所属。阿部監督によると、チームの要は小林弘之主将(中1)。攻撃ではホームランバッターとして活躍し、守備では120Km近い速球を武器に、キャッチャーの青木勝俐選手(同)とメンバーをけん引する。

 チームは昨秋の県大会で予選敗退だったが、10月と11月のミサワホーム杯親善大会は県2位になり調子を上げていた。そのような中で起きた、新型コロナウイルス感染症の拡大。練習は2月下旬から中止となった。

 6月中旬に再開したものの、夏季大会が開かれるかどうか不透明な状態が続いたという。開催日程が決まってからも、国内の感染者数の増加があり、2度延期に。「感染対策して練習しつつ、開かれることを信じるしかなかった」と阿部監督。小林主将は「延期の分、長く練習できる。皆にそう呼びかけました」と振り返り、プラス思考を心がけていたという。

チーム一丸で

 延期を経て8月上旬に始まった夏季大会には、13チームが参加。4つのリーグ戦と、各リーグの1位による決勝トーナメントで優勝を争った。

 瀬谷リトルはリーグ戦を16得点1失点の2連勝で突破すると、準決勝も21対0と大勝した。

 30日の決勝戦の相手は旭ブレーブス。試合が動いたのは4回。2番の小川龍也選手(小6)が出塁すると、続く小林主将がホームランを放ち2得点。守備では小林主将から末吉煌弥選手(中1)への継投が成功し、2対0で勝利した。

 阿部監督は「選手は『この大会で優勝する』という強い想いで練習に取り組んだ。優勝はチームワークの賜物」と教え子を称えた。中学1年の選手は今大会でリトルを卒団。小林主将は「多くの選手が試合に出られるように、チーム一丸となって戦いました。優勝が決まった時は涙を流すくらい皆で喜びました」と振り返った。

スポーツクラブNAS瀬谷

瀬谷駅徒歩2分。自然の風が入る眺望抜群のジムです。運動以外のアイテムも充実!

https://www.nas-club.co.jp/seya

暮らしとスポーツを支える

イシケンスポーツ瀬谷店☎045-301-6044

http://ishiken-sp.com/wp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

愛称は「あじさいプラザ」

区民文化センター

愛称は「あじさいプラザ」 文化

公募201作品から選出

9月24日号

「音楽文化、前に進めよう」

区民グループ

「音楽文化、前に進めよう」 文化

行事でウィズコロナ模索

9月24日号

新たな音楽の集いに挑戦

歌声サロン

新たな音楽の集いに挑戦 社会

マスク着用で鼻歌楽しむ

9月17日号

ブロック塀対策足踏み

市立小通学路

ブロック塀対策足踏み 社会

危険箇所約2,000件

9月17日号

コロナに負けず県頂点

瀬谷リトル

コロナに負けず県頂点 スポーツ

大会開催信じ練習続け

9月10日号

事故防止へタッグ

郵便局と土木事務所

事故防止へタッグ 社会

道路損傷など早期発見へ

9月10日号

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。墓じまい、生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

一緒に働く仲間を募集中です

詳しくは二ツ橋第二地域ケアプラザへ☎045・360・7855

http://www.yokohamashakyo.jp/futatsubashi2/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク