瀬谷区版 掲載号:2021年1月1日号 エリアトップへ

自動追従のロボットを活用 「スマート農業」を体験 上瀬谷地区の農家ら

社会

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena
収穫した野菜を運搬するアグビー
収穫した野菜を運搬するアグビー

 跡地利用の検討が進む旧上瀬谷通信施設の畑で12月16日、AIやICT(情報通信技術)を活かした「スマート農業」の活用体験会が開催された。同地区の農家が、作業をサポートする自動追従型の運搬ロボットの機能や操作方法を学び、スマート農業への理解を深めた。

 2015年に米軍から返還された旧上瀬谷通信施設。跡地利用では集客・物流施設、公園などの整備に加え、農業振興も推進される計画となっている。今後は区画整理事業により、大規模な開発が行われる見通しだ。農業振興ゾーンでは高収益化や省力化が掲げられ、市農政推進課が農業を営む地権者らと、スマート農業技術を検証してきた。

 16日に体験したのは、(株)agbee(アグビー)(東京都)が手掛ける運搬ロボット「agbee」。作業の効率化や人員不足に悩む農家の「相棒」になることを目指して開発された。搭載されたAIによって作業者を自動追従し、100kgまでの荷物を運ぶことができる。収穫した農作物を追従するアグビーに載せて運搬したり、将来的には設定ルートに基づき作業者なしで農薬散布などができるよう、開発が進められているという。

関心高く

 体験会では、同社スタッフがアグビーの機能を説明。収穫した野菜を積んで、軽トラックまで運ぶデモンストレーションも行った。マニュアル操作などを体験した参加者からは、搭載できる積み荷の高さや、運搬時に移動可能な傾斜、バッテリーの稼働や充電時間などさまざまな質問が上がるなど、関心の高さを伺わせた。

 同地区に畑を持つ小林裕三さん(56)は、「予想していたよりも小さくて驚いた。ただ、荷物を高く積むと安定感が下がると思うので、この点が改良されればもっと使いやすくなるはず」と手ごたえを感じていた。また、「農家のなかには高齢で重いものを持つことが辛いという人もいる。アグビーがあれば、助かる人は多いと思う」と話した。

 市では2020年度内に農作業アシストスーツや、温度や日照時間などを調べて収穫に活かすセンシング技術の検証も行う予定だ。
 

瀬谷区版のトップニュース最新6

前年同水準の9453万円

瀬谷区21年度自主企画事業

前年同水準の9453万円 社会

定住促進など盛り込む

2月25日号

現職2氏の一騎打ちか

衆院選5区

現職2氏の一騎打ちか 政治

今秋までに解散総選挙へ

2月25日号

旧上瀬谷通信施設の整備に29億

【Web限定記事】横浜市 21年度予算案

旧上瀬谷通信施設の整備に29億 社会

土地区画整理や新交通の検討進める

2月18日号

1051枚の写真で彩るモザイクアート

【Web限定記事】瀬谷フェスティバル実行委員会

1051枚の写真で彩るモザイクアート 社会

3月12日まで区民ホールで公開

2月18日号

SDGsで飲食店と連携

第二小児童

SDGsで飲食店と連携 社会

メニューやグッズ考案

2月11日号

一般会計 初の2兆円台に

横浜市21年度予算案

一般会計 初の2兆円台に 社会

コロナ対応で膨張

2月11日号

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月11日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

【Web限定記事】

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

横浜市社協などが生活支援

3月7日~3月7日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク