瀬谷区版 掲載号:2021年1月28日号 エリアトップへ

20年区内交通事故 35年ぶりの300件台に コロナ禍の外出自粛で減

社会

掲載号:2021年1月28日号

  • LINE
  • hatena

 2020年に瀬谷区内で発生した交通事故が364件で、35年ぶりに300件台に抑えられたことがこのほど、瀬谷警察署への取材で分かった。同署はコロナ禍の外出自粛が主な要因とし、引き続き交通事故への注意を呼びかけている。

 同署によると、20年の交通事故発生件数は19年(412件)から48件減少し、1985年の347件に迫っていた。類型別に前年と比較すると、二輪車は14件、自転車は17件、高齢者が関係している事故は12件減った。減少について同署は、「新型コロナウイルスの影響で外出する機会が減ったことが大きい」としている。

 死亡事故は3件と19年から2件増加。いずれも70代以上の高齢者で、午前から昼にかけて発生した。横断歩道を歩いている際の巻き込みや車の追突事故によるもので、「昼間でも見えているようで見えていないことが多い。運転者も歩行者も互いに、アイコンタクトをするなどして、意識をもって注意してほしい」と話す。また、「横断歩道を渡らずに道路を横断する高齢者も見られるので、事故防止のためにも横断歩道の利用を」と注意を促す。このことから同署では道路上での取り締まりを強化し、事故発生抑止に注力している。

自転車事故に注意を

 区内における20年の自転車事故の割合は26・4%と、神奈川県内の割合より2%高い。通学・通勤時間(午前8時〜10時)や、夕方(午後4時〜6時)に発生することが多く、特に高校生の自転車事故が多いという。

 また、全交通事故の約6割は交差点で発生しており、「自転車を利用して出かける際には家族から『気を付けて』と一声を。そして、改めて交通安全への意識をもって出かけてほしい」と呼びかけている。
 

瀬谷区版のトップニュース最新6

個人宅も対象に

弁当配達せーやーいーつ

個人宅も対象に 社会

開始1年で新たな試み

5月7日号

瀬谷区で音楽を身近に

ミュージックスクエア

瀬谷区で音楽を身近に 文化

区民など行事立ち上げ

5月7日号

統合前にSDGs推進

瀬谷西高校

統合前にSDGs推進 教育

学習通じ地域に「恩返し」も

4月29日号

May J.さんに決定

横浜花博連絡協テーマソング

May J.さんに決定 社会

相鉄線3駅のBGMにも

4月29日号

かながわブランドに登録

横浜瀬谷うど

かながわブランドに登録 社会

跡地返還で栽培方法模索

4月22日号

本多選手(東野)、五輪へ

本多選手(東野)、五輪へ スポーツ

水泳日本選手権で優勝

4月22日号

きもの和五十鈴

5/1~5/5 ヘアセット・メイク体験会(通常1万2000円相当が無料)

http://kimonowaisuzu.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter