瀬谷区版 掲載号:2021年2月4日号 エリアトップへ

さくら小児童 絵で相沢川をきれいに 地域の橋に生き物描く

コミュニティ社会

掲載号:2021年2月4日号

  • LINE
  • hatena

 瀬谷さくら小学校(池田千晶校長)の6年1組の児童たちが1月26日と29日、地域住民に相沢川の生き物を大切にしてもらおうと、下瀬谷人道橋にオリジナルの絵を描いた。手摺を支える柱の側面に描き、歩きながら絵を楽しめるようになっている。

 下瀬谷人道橋(下瀬谷1の30先)は1985年に竣工した長さ8・6mの橋。橋にはザリガニや魚、学校、地域住民の絵に加え、「生き物を大切に」「この町の笑顔を大切に」という子どもたちからのメッセージが描かれている。当日、児童たちは7色のペンキを使い、熱心に作業に取り組んでいた。

 総合学習の一環で、地域のために何かしたいという思いから環境美化に着目し、昨年11月に地域団体と清掃活動をした同クラス。担任の北萌花教諭によると、児童から「相沢川をきれいにしたい」「地域の人が笑顔になってほしい」と声が上がり、橋に環境美化啓発などの絵を描くことになったという。北教諭は「子どもたちも地域の一員。地域への愛着を持ってくれたら」と語る。

デザインや予算の準備も

 子どもたちは11月から6班に分かれて、絵のデザインや下書きなどの準備に取りかかった。加えて、ペンキ購入の予算確保にも取り組んだ。他クラスとの予算交渉や使用するペンキなどを調べた豊島充輝くんは「ペンキの値段や塗り方を調べるのが大変でした」と振り返る。

 デザインを担当した亀井廣人くんと小島遥斗くんは「学校と笑顔をコンセプトにみんなで相談しながらデザインを決めました。みんなと一緒にペンキで絵を描くのが楽しかったです」「ザリガニの細かいところを再現するのが難しかったけど、(橋の絵を見て)生き物や自然を大切にしてほしいです」と話した。
 

ザリガニや魚などの生き物(上)と、学校や地域住民、瀬谷区のマスコットキャラクターせやまるが描かれている(下)
ザリガニや魚などの生き物(上)と、学校や地域住民、瀬谷区のマスコットキャラクターせやまるが描かれている(下)
丁寧にペンキを塗る児童たち
丁寧にペンキを塗る児童たち

瀬谷区版のトップニュース最新6

個人宅も対象に

弁当配達せーやーいーつ

個人宅も対象に 社会

開始1年で新たな試み

5月7日号

瀬谷区で音楽を身近に

ミュージックスクエア

瀬谷区で音楽を身近に 文化

区民など行事立ち上げ

5月7日号

統合前にSDGs推進

瀬谷西高校

統合前にSDGs推進 教育

学習通じ地域に「恩返し」も

4月29日号

May J.さんに決定

横浜花博連絡協テーマソング

May J.さんに決定 社会

相鉄線3駅のBGMにも

4月29日号

かながわブランドに登録

横浜瀬谷うど

かながわブランドに登録 社会

跡地返還で栽培方法模索

4月22日号

本多選手(東野)、五輪へ

本多選手(東野)、五輪へ スポーツ

水泳日本選手権で優勝

4月22日号

きもの和五十鈴

5/1~5/5 ヘアセット・メイク体験会(通常1万2000円相当が無料)

http://kimonowaisuzu.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter