瀬谷区版 掲載号:2021年5月13日号 エリアトップへ

ドリームアスリート 区内出身2選手を指定 パラリンピック目指す

スポーツ

掲載号:2021年5月13日号

  • LINE
  • hatena
指定された齊藤さん(左)と日向さん※市スポーツ協会より写真提供
指定された齊藤さん(左)と日向さん※市スポーツ協会より写真提供

 横浜市から障がい者スポーツの国際大会に出場できる選手を輩出するプロジェクト「ドリームアスリート」の指定選手に、瀬谷区出身の齊藤元希さん(車いす卓球/19)と日向楓さん(競泳/15)が選ばれた。競技費用やトレーニングのサポートなどを受けながら、パラリンピックなどへの出場を目指す。

 (公財)横浜市スポーツ協会が進める同プロジェクトは、障がいのある子どもが夢や希望を持ち、地域で気軽にプレーできる環境を作る「横浜こどもスポーツ基金」の一環。基金は2013年に創設され、これまでに各団体への助成や普及イベントの開催が行われてきた。今年度は、パラリンピックやデフリンピックで活躍するアスリートを輩出しようと、同プロジェクトが始まった。

 2人は国際大会での成績などが高く評価されて選出。4月30日に横浜ラポール=港北区=で認定式が行われ、同基金の幹事を務める高橋寛さんから記念品が手渡された。「素晴らしい機会をいただいた。より一層努力して精一杯活動したい」と齊藤さん。日向さんも「楽しみながら全力でやっていきたい」と活躍を誓った。

齊藤さん(卓球)

 齊藤さん(静岡県身体障碍者卓球協会所属)は宮沢出身で、今は東京国際大学(埼玉県)の2年生。先天性の脳性麻痺により足に障がいがある。

 卓球は原中学校の部活動で始め、2年生から競技者として本格的に活動するようになった。早くから頭角を現し、これまでにジャパン・オープン(19年度)で個人戦3位・団体戦2位に輝くなど実績を残している。

 6月には東京2020パラリンピック出場をかけ、スロベニアで開かれる大会に参加する。大一番に向けて直前合宿に臨む齊藤選手は「パラリンピックの個人戦出場権獲得のための大切なトーナメント。今まで行ってきたことを信じて精一杯戦いたいと思います」とコメントした。

日向さん(競泳)

 日向さん(宮前ドルフィン所属)は区内在住。瀬谷小・瀬谷中学校の出身で、今は県立旭高校に通う。両上肢欠損で、水泳は小学校1年生の頃に始めた。

 中学時代から国内外の大会で活躍。今年3月の日本選手権では、メインとする50mバタフライ(運動機能障がいS5)と50m自由形(同)でそれぞれ日本新記録を達成した。

 今の照準は、東京パラリンピックの代表選考を兼ねる「ジャパンパラ水泳競技大会」(5月21日〜23日/横浜市)。50mバタフライ、背泳ぎ、自由形に出場する予定で、日向さんは「目標は3種目で日本記録を更新し、金メダルを獲得することです。この貴重な大会を楽しみながら全力で泳ぎたいと思います」と意気込んでいる。
 

瀬谷区版のトップニュース最新6

瀬谷区、普及へ独自補助

感震ブレーカー

瀬谷区、普及へ独自補助 社会

地震時の電気火災防止へ

6月10日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月10日号

パラ競泳の代表に内定

日向楓選手(区内在住)

パラ競泳の代表に内定 スポーツ

国内大会で日本新連発

6月3日号

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 社会

仲介組織が下支え

6月3日号

団体・ダブルスで県頂点

横浜隼人高校女子卓球

団体・ダブルスで県頂点 スポーツ

個人も4選手が関東へ

5月27日号

21年度にホームドア設置

瀬谷駅

21年度にホームドア設置 社会

相模鉄道、安全向上図る

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter