瀬谷区版 掲載号:2021年9月9日号 エリアトップへ

瀬谷さくら小 "世界唯一"のエレベーター 色など児童プロデュース

社会

掲載号:2021年9月9日号

  • LINE
  • hatena
1階のエレベーター
1階のエレベーター

 今春、瀬谷さくら小学校(池田千晶校長)にエレベーターが設置された。学校内の施設改善のため導入し、足を怪我していたり、階段の上り下りが難しい人などが利用している。

 エレベーターの計画は2019年度から始まり、20年度に着工。1階から4階まで約10m。積載量750kg、定員11人となっている。

 20年度の6年1組の児童らが総合学習の一環で、エレベーターの扉の色や名前を決める役割を担った。児童らは「世界に一つだけのエレベータープロジェクト」と名付け、活動に取り組んでいたという。

 扉の色を決める際は、12種類のカラー見本から色のイメージなどを調べて1階から4階までの組み合わせを一人ひとりが作成。クラス投票の結果、1階は清潔感のある白、1年生や個別学級がある2階は赤、2年生と3年生の教室がある3階は黄、4年生から6年生の教室がある4階は青という組み合わせに決まった。エレベーターの名前は児童らがアイデアを出し合い投票で、「さくサポエレベーター」に決定した。当時担任の北萌花教諭によると、「瀬谷さくら小を訪れるみんなを助けるエレベーター」という想いが込められているという。

ガイドブックも作成

 また、エレベーターを利用する際のルールやエレベーター完成までの経緯、3月に開かれた開通式の様子をまとめたガイドブックも作成。1階のエレベーター前に展示されている。池田校長は「子どもと先生の情熱が溢れて想像以上に良いものが完成しました」とコメントした。
 

ガイドブックは4種類
ガイドブックは4種類

瀬谷区版のローカルニュース最新6

川沿い歩き、心身爽快に

【Web限定記事】区スポーツ推進委協

川沿い歩き、心身爽快に スポーツ

11月にふるさとウォーク

10月21日号

ボラセンを改修

【Web限定記事】プレイバック瀬谷39

ボラセンを改修 社会

02年7月を振り返る

10月21日号

29日まで会場募集

【Web限定記事】瀬谷オープンガーデン

29日まで会場募集 社会

個人宅の庭や花壇など

10月21日号

31日にハロウィンまつり

【Web限定記事】ログハウスまるたのしろ

31日にハロウィンまつり 社会

ファッションショーも

10月21日号

海老名市内を巡る

海老名市内を巡る スポーツ

瀬谷水緑の健康ウオーク

10月21日号

絵本で子どもと遊んで

絵本で子どもと遊んで 教育

父親向けの育児支援講座

10月21日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月21日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook