鶴見区版 掲載号:2011年2月17日号
  • googleplus
  • LINE

市内の野球チーム「戸塚シニア」出身で、横浜ベイスターズに入団した 荒波 翔さん 市内出身 25歳

夢の舞台で親に恩返しを

 ○…野球の名門、横浜高校に入学し、甲子園に出場した時から目指してきたプロ野球選手。昨年、ドラフト会議で横浜ベイスターズに3位指名され、長年の夢をつかんだ。「プロになれて良かった」と安堵の息を漏らす。プロになれた背景には、応援してくれたファンや家族の力があるという。特に、高校入学時から長い間離れて暮らしている両親は、「いつも見守ってくれる一番のファン」だ。

 ○…大学卒業後はトヨタ自動車に入社、3年間社会人野球で活躍した。1年目は、打率3割7分を超える好成績を残すが、2年目は打率2割と不振。「プロを意識し過ぎた」と分析するが、一度挫折を味わったことで得たものもある。プロ入りが叶わず落ち込んでいた一昨年、メールや電話でいつもと同じ前向きな言葉を掛けてくれた両親だが、後に兄から「お前と同じくらい親も悔しがっていた」と聞き、その思いの大きさに気付いた。念願のプロ入りを果たし、「少しは両親を喜ばせてあげられたのかな」。

 ○…小学1年のころに兄の影響で始めた野球。今までやめなかったのは、自信を持って自慢できる特技が野球だけだったから。中学時代は、主将として硬式野球チーム「戸塚シニア」に在籍。高校から寮生活を始め、大学、社会人でも野球一色の生活を送るが、常に向上心を持って取り組めるのは、野球の楽しさと奥の深さを知っているから。「勝った時の嬉しさはもちろん。思い通りにいかないところが、まだまだ野球を続けたいと思う理由です」と語る。

 ○…呼ばれたいニックネームは、「ハマのスピードスター」。50mを5秒7で走る俊足が最大の武器だ。そして、その足を生かした守備範囲の広さが自慢。目下の目標は1軍昇格。夢見たプロ野球界の入り口に立ち、努力をする意味や、両親の思いなど多くのことを教えてくれた野球を通じて、「試合を観た人に元気や感動を与えていきたい」と熱い思いを抱いている。
 

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6件

籔内 久士さん

県立三ツ池公園の所長として活躍する

籔内 久士さん

3月15日号

寺内 克彦さん

横浜市教育委員会から感謝状を受けた生麦小・三麦会など地域での活動を楽しむ

寺内 克彦さん

3月8日号

荒屋 勝寿さん

聖ヨゼフ学園小学校の校長を務める

荒屋 勝寿さん

3月1日号

松野 良明さん

生麦盛り上げ隊の隊長として、まちゼミを企画する

松野 良明さん

2月22日号

伊藤 充繁さん

矢向地区連合会の交通部長を務める

伊藤 充繁さん

2月15日号

石渡 宏衛さん

90周年を迎えた鶴見薬剤師会の会長として活躍する

石渡 宏衛さん

2月8日号

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク