鶴見区版 掲載号:2014年2月13日号 エリアトップへ

63代目の理事長として横浜青年会議所の舵を取る 齋藤 貢一さん 磯子区在住 36歳

掲載号:2014年2月13日号

  • LINE
  • hatena

地域を照らす「光明」に

 ○…340人を超す若手経済人の団体「横浜青年会議所」(以下、横浜JC)。そのまとめ役として「私たちの活動の原点は、一人ひとりがいかに修養を積むことができるか、そこにかかっています」と語る。任期は一年、その眼差しからは自信がみなぎる。

 ○…今年度のテーマは「光明」。「真っ暗なトンネルを車で走っているとしたら、何キロでているのか、いつ壁にぶつかるのかもわからない」。だからこそ、進むべき先を示す一筋の「光明」が重要だと強調する。横浜JCは横浜開港祭をはじめ行政と協力する「はまっ子スクール」など一年を通して様々な事業を展開する。「メンバーが事業に取り組む中で将来への希望、つまり光明を見つけることができるか、そのためにまずは自分が変わることが必要」と話した。そして、メンバーが光明となり地域を照らすことを願う。

 ○…28歳で入会した。「ふた回りほど離れたJCのOBから、『5年くらい雑巾がけしてこい』と言われて」と振り返る。いざ活動を始めると、「先輩方が、まちづくりや社会に対しての意識が高くて驚いた」と話す。これまでにない経験は、苦労も多かったが「自分を成長させてくれた」

 ○…川崎市の溝口出身、十代のホームグラウンドは渋谷だった。アルバイト先の飲食店で現場を任され才覚を発揮、売上はうなぎ登りに。そんな中、常連客の紹介で建設の仕事に関わる機会を得た。それが運命の出会いとなり、今では磯子区に本社を構え20人超の社員を擁する建設会社の社長に。「技術を売る会社。ですから品質にはこだわっています」。家庭では2人の息子と「週に1回は出かけます」と子煩悩な一面も。

 ○…「私たちはあくまでも経済人。ひとづくりが、まちづくりにつながると信じて、詰まる所どう生きるのかを考える場にできれば」と言葉に力がこもる。そう、JCは人生の道場でもあるようだ。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

渡邊 浩さん

矢向地区連合町内会や社会福祉協議会などの会長を務め、地域のため奔走する

渡邊 浩さん

矢向在住 73歳

11月25日号

大野 慶太さん

様々なアイデアでまちに貢献する東宝タクシー(株)の代表取締役社長

大野 慶太さん

鶴見中央在勤 44歳

11月18日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

青葉区在住 13歳

11月11日号

古木 嘉夫さん

(一社)神奈川県警親会鶴見支部の相談役であり、現役最年長

古木 嘉夫さん

馬場在住 96歳

11月4日号

慶野 未来さん

珈琲専門店山百合を受け継ぎ、修行を積む

慶野 未来さん

鶴見中央在勤 25歳

10月28日号

横溝 常之さん

宝泉寺の住職を務める

横溝 常之さん

菅沢町在住 53歳

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook