鶴見区版 掲載号:2014年2月27日号 エリアトップへ

防犯指導員会長として地域の安全を守る 佐々木 一夫さん 下末吉在住 83歳

掲載号:2014年2月27日号

  • LINE
  • hatena

欠くことできない裏方役

 ○…防犯指導員は「陰の仕事」だと言う。「指導員って何をやってるのってよく聞かれる。地味な仕事だからね」と苦笑いする。住民ボランティアの防犯指導員は、地域の防犯活動には欠かせない存在。振込め詐欺などへの注意を呼びかけるキャンペーンなどを、警察や防犯協会と協力しながら中心メンバーとして実施。日常的に地域の犯罪情報を警察から聞き取り、地域住民への注意喚起なども行っている。

 ○…生まれも育ちも鶴見。祖父から続く機型製作所の代表として今も現役だ。第二次世界大戦を経験した子ども時代。学徒動員で軍需工場で働くこともあった。終戦後も学校に通いながら家業を支えていた。「自転車で納品に行ったり。働くことは楽しかったよ」と明るく振り返る。1991年から当時の地元町会長の勧めで防犯指導員に。25年間にわたって消防団員を務めあげた経験もあり、仕事のかたわら長年地域の安全を見守ってきた。

 ○…仕事には誇りを持っている。「自動車を始めありとあらゆる『型』を作ってきた。裏方だけれど、私たちの仕事がなければ、モノは作れない」。黒子であることを意識していることもあり、製作所には目立った看板は出していないという。「裏方」は防犯指導員にも通じる点。「だから指導員も続けているのかもね」

 ○…仕事も指導員もできる限り続けていくつもりだ。「仕事は死ぬまで定年だと思っている。町工場の宿命だよね。やれるうちが花」。必ず見返りがあるわけではないボランティアの防犯指導員の仕事は、頑張りすぎると続かないと語る。「気楽に、肩の力を抜いてやることが何事も長く続ける秘訣だと思う」と優しく説く。指導員の後継も育てていかなければならない。「少しでも多くの人に指導員の活動を知ってもらい、成り手を増やして犯罪が減っていったら」。謙虚に、そして決して力み過ぎずに。地道な裏方仕事はまだ続く。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

坂本 浩二さん

横溝屋敷の稲作ボランティアで一番歴の長い最年少者

坂本 浩二さん

平安町在住 44歳

10月22日号

紙谷 由起子さん

障がい者などに幅広くヨガを広める

紙谷 由起子さん

豊岡町在住 44歳

10月15日号

山本 龍行さん

鶴見火災予防協会の会長として、区内の防火・防災に尽力する

山本 龍行さん

下野谷町在住 70歳

10月8日号

三上 真史さん

里山ガーデンのウェルカムガーデンを監修する

三上 真史さん

都内在住 37歳

10月1日号

吉田 隆男さん

国際ロータリー第2590地区のガバナーに就任した

吉田 隆男さん

港北区在住 72歳

9月17日号

小林 貞幸さん

鶴見国際交流ラウンジの館長に就任した

小林 貞幸さん

鶴見中央在勤 68歳

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月13日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク