鶴見区版 掲載号:2014年10月23日号 エリアトップへ

住職を務める天台宗本覺寺で寺子屋を開く 河村 隆哲さん 獅子ヶ谷在住 38歳

掲載号:2014年10月23日号

  • LINE
  • hatena

寺に新たな風吹き込む

 ○…本覺寺を地域に開放したいと、読経やヨガなど様々な催しを行う寺子屋を開催している。住職に就いてまだ5年あまり。だが、外から来た者だからこそわかる地元の良さを感じている。「自然が多いところがいい。昔ながらの風習を守り続けているところも。この良さを貴重だと教えてあげるのは、外から来た者の役目でもあると思う」。「獅子ヶ谷市民の森を活かして何かイベントができないか」と新たな試みを模索するなど、意欲とアイデアはみなぎっている。

 ○…東京の一般家庭出身だが、寺は身近な存在だった。「小学校は隣に寺があって、子どもの頃は寺が遊び場でした。小学生のころからお坊さんってかっこいいなと憧れていたのです」。天台宗立の高校に進学し、2年生の夏には弟子入りを決意し、頭を丸めた。大正大学卒業後、同大で事務職員として勤務していたところ、当時専任の住職がいなかった本覺寺を偶然紹介された。「新参者」である身、地域を一から学んだ。「この辺りの家は屋号で呼び合う習慣が残っていて、住職になって1年はそれぞれの屋号を覚えるのに専念しましたね。葬式も独特の風習があり、驚いたこともあった」。戸惑うこともありながらも、「今は充実している」と胸を張る。

 ○…本覺寺での坐禅をきっかけに出会った女性と結婚した。夫婦でゆっくり過ごす時間はなかなかないが、暇を見つけて横浜トリエンナーレを見に行くなど、お互い「文化的なもの」に触れるのが好きだという。

 ○…寺子屋などの催しがない時も、寺内へ子どもたちが自転車の練習や宿題のためにやってくる。周辺住民からはいつしか「空気が変わったね」と声をかけられるようになった。地域住民が寄り合うための公民館は、家から遠く集まりにくいという人もいるという。「人々が気軽に集まることが出来るきっかけを作り、人生と地域に根差す寺を目ざしていきたい」

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

森戸 努さん

数学教師として長年活躍し、素数をテーマにした本を出版した

森戸 努さん

駒岡在住 68歳

1月20日号

石合 智晃さん

鶴見図書館の館長を務める

石合 智晃さん

鶴見中央在勤 52歳

1月13日号

花垣 幸人さん

上寺尾小学校おやじの会の会長として奔走する

花垣 幸人さん

東寺尾在住 41歳

1月6日号

高橋 竹童さん

津軽三味線を全国に広めた第一人者・初代高橋竹山の最後の内弟子

高橋 竹童さん

駒岡在住 51歳

1月1日号

小林 五十生(いそお)さん

矢向で震災支援のオーガニックコットンプロジェクトを行う

小林 五十生(いそお)さん

尻手在住 71歳

12月16日号

松尾 ゆかりさん

汐田総合病院などを拠点に、ソーシャルワーカーとして活躍する

松尾 ゆかりさん

矢向在勤

12月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook