鶴見区版 掲載号:2015年6月25日号 エリアトップへ

東京地方税理士会鶴見支部支部長を務める 落合 俊彦さん 鶴見中央在住 58歳

掲載号:2015年6月25日号

  • LINE
  • hatena

地域支える「軍師」に

 ○…区内の小中高生に租税教育などを行う税理士会の支部長に、今年度から就任した。「世の中の仕組みを理解するには税金のことを知ってもらわないと。税は民主主義の根幹」。約130人が所属する鶴見の税理士のリーダーとして、子どもたちに重要性を説く。マイナンバー制度の導入や相続税の改正など、税理士にとって激動の一年となる。「どこまで地域の人に知ってもらえるか。働きかけていきたい」

 ○…税理士の父の背中を見て育つ。「顧問先の軍師的な存在。黒田官兵衛みたいでかっこいい」。大好きな戦国武将と重なる職業を志すことに、迷いはなかった。大学卒業後、下積みのため東京の税理士事務所へ。パソコンもなく計算はそろばん主体。確定申告の時期は何百人もの申告書を手書きで清書した。そんな苦労も「みんなやってたことだから」とサラリ。39歳で資格を取得し、鶴見中央にある父親の事務所を受け継いだ。「自分の頭で考えたアドバイスがピタっとはまれば、税理士冥利に尽きる。人と接するのが好きなんだと思う」。裏方で支える喜びを噛みしめる。

 ○…子育てを終えてから弓道をはじめ、今や2段の腕前を誇る。「最初は所作や形式を敬遠していたが、ひとつひとつの所作をその通りに動けば心が落ち着いていった」と魅了された。「日本人の持つ精神性が少しだけ分かったと先生に言ったら、『へえ、俺はまだわかんない』と言われちゃった」。ニヤリと歯を覗かせる。

 ○…「鶴見は多文化共生という独特の文化がある。外国人の方にもマイナンバーや租税についても伝えていかないと」。外国人在住者の多い鶴見は障害も多いと予想し、支部長として使命感に燃えている。高齢化が進む中、相続税などの相談会も開催予定。「弁護士など他の士業と連携して、不安のない地域社会を築いていきたい」。まちの「軍師」として、裏舞台から地域を支えていく。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

小島 順一さん

潮田地区センターの館長として、まちづくりなどに尽力する

小島 順一さん

本町通在勤 62歳

5月13日号

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜をシュウマイの聖地と位置づけ、その魅力を発信するシュウマイ研究家

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜国大出身 43歳

5月7日号

池田 昇さん

鶴見田祭り保存会の会長などとして、地域活動に尽力する

池田 昇さん

諏訪坂在住 80歳

4月29日号

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

4月22日号

津久井 茂充さん

手作り仏塔模型の展示を馬場地域ケアプラザで行った

津久井 茂充さん

馬場在住 78歳

4月15日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

4月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter