鶴見区版 掲載号:2016年2月11日号 エリアトップへ

2月27日に開校する「生見尾発見塾」の塾頭を務める 野澤 隆幸さん 生麦在住 86歳

掲載号:2016年2月11日号

  • LINE
  • hatena

朗らかな地域の語り部

 ○…生麦周辺住民らによる新たな試み「生見尾発見塾」の塾頭に就任した。「生麦は漁師町だった。漁師たちは一見豪快に見えるけれど、心遣いが細やかで優しくてね。生き物を扱う仕事だから常に感謝の気持ちを持っていたのでしょう」。地元で300年以上の歴史を持つ寺の長老であり、地域の語り部の一人だ。正泉寺で開かれる第1回目では、講師も務める。「今後は正泉寺の盆の風物詩になっている、金属製の盤を叩きながら念仏を唱える『双盤念仏』を見てもらう機会も作りたい」とアイデアも膨らませている。

 ○…3人兄弟の長男。僧侶の父の後を継ぐことは、青年時代から「受け入れていた」という。中学1年生の時には、頭を丸め僧侶になるための儀式である「得度式」を終えた。「そしたら学校で『野澤くんはお坊さんになります』と皆の前で紹介されて恥ずかしかった」と苦笑いする。戦時中は、東芝の工場へ動員され勤労動員を経験。足柄へ陣地構築に駆り出されることもあった。終戦後も、戦争の記憶は忘れられなかったという「当時の私と同じ中学生の孫に、戦争の頃の話をするようにしている」。住職時代は川崎大師へ勤務しながら正泉寺を守り、現在は、息子が後を継いだ。「頼もしい」存在と評価し、長老として優しくアドバイスを送っているという。

 ○…長年俳句や書道に親しみ、若きころはスポーツも万能で野球のピッチャーとして活躍したことも。中でも、クラシック音楽は愛してやまないという。「中学時代からレコードを集めたり、今も月2回はオーケストラの演奏会に行く。自分ではハーモニカぐらいしかできないけれど」と笑う。

 ○…核家族化が進み、世代間での地域の歴史の伝承は難しい時代になってきていると感じている。「郷土愛も薄れているのでは。その中で生見尾発見塾を開くことは意義深い」。伝承者の一人として、次の世代へ記憶を託す。

鶴見区版の人物風土記最新6

小島 順一さん

潮田地区センターの館長として、まちづくりなどに尽力する

小島 順一さん

本町通在勤 62歳

5月13日号

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜をシュウマイの聖地と位置づけ、その魅力を発信するシュウマイ研究家

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜国大出身 43歳

5月7日号

池田 昇さん

鶴見田祭り保存会の会長などとして、地域活動に尽力する

池田 昇さん

諏訪坂在住 80歳

4月29日号

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

4月22日号

津久井 茂充さん

手作り仏塔模型の展示を馬場地域ケアプラザで行った

津久井 茂充さん

馬場在住 78歳

4月15日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

4月8日号

川崎市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter