鶴見区版 掲載号:2017年4月27日号 エリアトップへ

6代目横浜スカーフ親善大使に選ばれた 小濱 捺生さん 鶴見中央在学 19歳

掲載号:2017年4月27日号

  • LINE
  • hatena

こだわり追い求めて

 ○…まだ10代ながら、黒と白を基調にしたシックな横浜スカーフを使いこなす、6代目親善大使。落ち着いた印象の一方で、「(大使の選考での)面接は上手くしゃべれなかった。選ばれて安心した」と初々しい表情も見せる。今後1年間はイベントなどを通して、スカーフの魅力を発信していく。以前からスカーフはファッションアイテムのひとつ。「大使になってスカーフのイメージは変わった。大人っぽいデザインから、若者向けのかわいらしい柄もある」。幅広い世代が使える可能性を感じている。

 ○…幼い頃から、ファッションが好き。遊びは着せ替えゲームや、自分で考えた服を描くお絵かきだった。着る服にもこだわった。「母が買ってくる洋服に対して、『趣味合わないなぁ』と思うこともあった」と苦笑いする。進路を考えた高校時代。料理やフラワーアレンジメントなどにも興味があったが、悩んだ末に鶴見中央の横浜ファッションデザイン専門学校へ。「着たい服が見つからないようになっていて、『自分が着たい服を作りたい』という思いが決め手になった」

 ○…学校では服製作を学んでいる。シァル鶴見屋上でのショーにモデルとして登場したり、横浜スカーフを使ったドレスをグループ製作し、鶴見区民文化センターサルビアホールで披露するなど、鶴見を華やかに盛り上げてきた。趣味のひとつは料理。得意はグラタンや、ケーキ、プリンなどのお菓子。「覚えておきなさい」と言う母に手ほどきを受け腕を磨いている。

 ○…周囲でスカーフを取り入れている人はまだ少ない。まずは家族から、活用法を伝授するつもりだ。「母や姉とスカーフを共有しあって楽しみたい。そばにいる人から広めていけたら」。何通りもの結び方があり、その人次第で様々な表情を出せるスカーフ。「個性をアピールするアイテムにもなるはず」。これからも自分らしいこだわりを追い求めていく。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

福徳 未来さん

つみれプロジェクトの代表として活躍する

福徳 未来さん

下末吉在住 42歳

3月26日号

北薗 ヒロ子さん

お笑いジーバー劇団で”看板的女優”として活躍する

北薗 ヒロ子さん

東寺尾在住 72歳

3月12日号

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

横浜市内在住 37歳

3月5日号

笹本 美空(みらい)さん

全日本女子野球連盟の年間最優秀選手に選出された

笹本 美空(みらい)さん

駒岡在住 15歳

2月27日号

後関 悦久さん

ボランティア団体・おっさんネットワークつるみの蕎麦打ち活動をまとめる

後関 悦久さん

上末吉在住 75歳

2月20日号

志駕(しが) 晃(あきら)さん

映画化された『スマホを落としただけなのに』シリーズの原作者

志駕(しが) 晃(あきら)さん

横浜市在住 57歳

2月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク