鶴見区版 掲載号:2017年11月2日号
  • googleplus
  • LINE

ともにつくる会・かながわの共同代表 青島 正晴さん 東寺尾在住 62歳

「教育を変えたい」

 ○…横浜の教育に提言をする市民団体「ともにつくる会・かながわ」を7月に立ち上げた。教育委員会の定例会を傍聴するなど、知識を深めながら、このほど地域住民を招いたタウンミーティングを初めて開いた。「普段、学校と保護者の間でこういったやりとりができる場が少ない。重要な機会になると感じた。もっと自分や子どもの暮らしをチェックして考えてほしい」

 〇…静岡県出身。中学生時代の先生に憧れ、小学校の教職を取得。「一緒によく遊んでくれたし、子どもの目線に近い、身近な先生だった」。1981年から生麦小学校で新任として活躍。今年の3月に退職するまで区内6つの小学校を経験。子どもたちの誕生日にギターでバースデーソングをプレゼントする陽気な教師だった。「へたくそだけど何か心に残ってくれたら」。転機は、学級で不登校者が出る中、自身の子どもも不登校になったこと。「若い頃は無理やり来させようとしていた。いい先生のつもりでいただけで、子どもを追い詰めてしまっていた」。それからは「教育とは何か」を深く考えるように。「不登校になると多くの人が『レールを外した』と思う。そんなことはない。その気になればいくらでも時間は取り戻せる」

 〇…趣味はギター。「へたくそだけど」と念を押す。音楽の授業ではCDでなく、自分のギターを披露。サイモンとガーファンクルの「明日に架ける橋」を中学生の時に聞いてから、ロックの世界にどっぷりと浸かった。「若い頃はバンドも組んでいた」と照れ臭そうに笑う。

 〇…近年、子どもの数は減っているが、不登校の数は増えているという。「子どもの立場に立って考えることが大切。でも、みんな忙しい中、一生懸命やっているからね」。職員の増加による教育の質の向上も検討する。「学校が自分らしさをもっと発揮できる場になればいい」。全ては未来を担う子どもたちのため。今日も全力だ。
 

千葉移住計画 体験型バスツアー

3月4日昼食・お土産付き 予約制無料 問合せ☎045-534-0159 

https://withearth-kanagawa.co.jp/event-form/?post_id=75

2/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

浅川産婦人科医院

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで充実しています

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6件

伊藤 充繁さん

矢向地区連合会の交通部長を務める

伊藤 充繁さん

2月15日号

石渡 宏衛さん

90周年を迎えた鶴見薬剤師会の会長として活躍する

石渡 宏衛さん

2月8日号

山田 三夫さん

仲間とともに区制90周年記念チャリティー社交ダンスパーティーを企画する

山田 三夫さん

2月1日号

伊藤 詔子さん

史季の郷ボランティアの代表として活躍する

伊藤 詔子さん

1月25日号

畑井(はたい) 勝也さん

鶴見中央地域内で緑化推進運動を行う

畑井(はたい) 勝也さん

1月18日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

1月11日号

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン45万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

片づけのプロに学ぶ

片づけのプロに学ぶ

21日 区役所で

2月21日~2月21日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク