鶴見区版 掲載号:2018年2月1日号
  • googleplus
  • LINE

仲間とともに区制90周年記念チャリティー社交ダンスパーティーを企画する 山田 三夫さん 岸谷在住 69歳

「発祥」の誇り届ける愛好家

 ○…「鶴見が社交ダンス発祥の地と知ったときは感動があった」。花月園遊園地で開業したダンスホールが、民間として日本初のものだと知ったのは数年前。「地元の愛好家としてもっとPRしたい」。昨年のまちの新年会で、鶴見区の職員に発祥地なんだと声をかけ、90周年で何かやりたいと話した。「面白い」という返答を受け、実現に向けて走り出した。「雑談から出た話だったけど、みんなに協力してもらって」。仲間たちと実行委員会を作った。3月3日、サルビアホールでの本番に向け、責任者として準備に奔走する。

 〇…社交ダンス歴は10年。「まだまだようやくというところ」と照れ笑いする。きっかけは、代表を務める自身の店舗に訪れた姿勢の良い女性との出会い。「思わず聞いたら、社交ダンスをやっているのって」。その場で誘われ、社交辞令的に返した「やりたい」という答え。今では「生涯のスポーツ」にまでなった。「できなくても楽しい。半年ごとに検定を受けて、合格すると嬉しくて」。のめり込んだ様子を笑顔で振り返る。

 〇…大正8年創業の老舗・潮田薬局の代表取締役。定休日以外はほぼ毎日店に立っている。ケアマネジャーの資格も持ち、10人ほどの介護保険利用者を担当。自治会では民生委員も務めるなど、多忙な毎日。若いころからゴルフにテニスと色々趣味にした。早くに妻を亡くしたあとも、「閉じこもっていたらダメだよ」と、知人の誘いで重量挙げに挑戦したこともある。それらを超えたのが社交ダンスだ。「息抜きだよ」と笑う。

 〇…「95歳でもハイヒールをはいて、背筋をピンとして踊れるんですよ」。礼儀や立ち居振る舞い、体力維持など、語る目の輝きから、社交ダンスの魅力が伝わる。「毎年何らかの形で企画していきたい。100周年のときには大きくしてさ」。夢へのステップは始まったばかり。発祥の地である誇りを胸に、その楽しさを踊り伝えてゆく。

鶴見区版の人物風土記最新6件

金子 大さん

国際ロータリー第2590地区の2018-19年度ガバナー

金子 大さん

8月9日号

平井 孝生さん

得意の逆立ちダブルダッチでギネス記録を超えた

平井 孝生さん

8月2日号

鏑木(かぶらぎ) 克芳さん

区社会福祉協議会の事務局長に就任した

鏑木(かぶらぎ) 克芳さん

7月26日号

深澤 利臣(としのり)さん

レアールつくの商店街の理事長に就任した「お弁当・惣菜のきらく」の店主

深澤 利臣(としのり)さん

7月19日号

山口 滋生さん

鶴見区民文化センターサルビアホールの館長に就任した

山口 滋生さん

7月12日号

小泉 由紀子さん

横浜市動物適正飼育推進員として地域猫の活動を長年続けている

小泉 由紀子さん

6月28日号

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月9日号

お問い合わせ

外部リンク