鶴見区版 掲載号:2018年2月8日号 エリアトップへ

90周年を迎えた鶴見薬剤師会の会長として活躍する 石渡 宏衛さん 寺谷在住 57歳

掲載号:2018年2月8日号

  • LINE
  • hatena

出会いが生む原動力

 ○…会員76薬局・174人の薬剤師をまとめる。区とともに90周年を迎えたとして、先日の新年賀詞交歓会に合わせ、みんなで祝った。「最近は地域貢献を促されるけど、まずは会員のための会でありたい」。土台となる薬局という生業が整ってこそ、本当の地域貢献ができる。制度変更などに左右されやすい業界において、その思いはぶれない。

 〇…育った逗子の山で自然に触れ、植物に興味があった少年時代。「それじゃ食えないから」と、大叔母が薬局を営んでいたこともあり、薬学部に進学した。生薬や漢方を学び、大学卒業後はメーカーの研究室へ。新薬開発などのため、植物成分の研究に8年間取り組んだ。1983年に末吉で産声をあげた田辺薬局に入社したのは91年のこと。大学時代に汗を流した少林寺拳法部の先輩からの誘いがきっかけだった。「職場の研究所が東京から筑波に移転が決まったり、結婚を考えていたり、タイミングが良かった」。そう振り返る。

 〇…61店舗ある田辺薬局のうち、2店舗で代表を務める。そのほか、鶴見区文化協会に保護司、横浜鶴見北ロータリークラブや薬剤師関連の仕事など、会長以外にも肩書きが溢れかえる。「休みはほとんどない。何も予定のない日は年に2、3日」。だが、忙しくて嫌になることはない。「スケジュールを管理して、やり終えた後に達成感がある」とニヤリ。原動力は、人との付き合い。多様な考えに触れることが勉強になるからだ。

 〇…父から子への事業承継が、薬局界でも少なくなった。薬剤師の数は増えているが、店舗勤務の若手などの加入が課題だ。高齢化で社会保障費が膨らむ現代、国の制度なども頻繁に変わる。「薬剤師は一生勉強」。誰でも参加できるようにと、年約30回の研修会を企画するなど、課題解消に努める。「我々も下にしっかりバトンタッチしないと」。100年に向け、さらに強固な礎へ。すべては会員のため、そして地域のために。

鶴見区版の人物風土記最新6

金子 剛士さん

鶴見神社の3代目宮司に就いた

金子 剛士さん

鶴見中央在住 54歳

6月30日号

大谷 千惠子さん

つるみ背守り会で土台となるさらしの台紙を長年作り続ける

大谷 千惠子さん

豊岡町在住 86歳

6月23日号

高橋 博之さん

横浜市鶴見区社会福祉協議会の事務局長に就任した

高橋 博之さん

鶴見中央在勤 53歳

6月16日号

松本 智さん

鶴見図書館の館長に就任した

松本 智さん

馬場在住 60歳

6月9日号

高岡 俊之さん

今年度の神奈川県弁護士会会長を務める

高岡 俊之さん

中区在住 60歳

6月2日号

間瀬 なのはさん

パリ五輪ブレイキン強化指定選手に選出された

間瀬 なのはさん

岸谷在住 15歳

5月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook