鶴見区版 掲載号:2018年3月15日号 エリアトップへ

県立三ツ池公園の所長として活躍する 籔内 久士さん 三ツ池公園在勤 49歳

掲載号:2018年3月15日号

  • LINE
  • hatena

自然の魅力、最大限に

 ○…「100年経っても桜が見ごろであるように」――。公園の魅力アップのため、スタッフらと提案した桜100年計画。その一環として、園内の入り口付近に桜を植樹している。「桜は公園の中に入るとたくさんあるけれど、外からは見える所にはあまりなかった」。10日に行われたおっさんネットワークの記念樹植樹も温かく見守った。「ここは県立の公園だから、地域のみなさんと一緒に活動していきたい」

 〇…鎌倉市出身。昔から生き物が大好きだった。「夏はセミとりで一日が終わった」と笑う。家族全員動物好きで、シマリスをかっていたこともある。「生き物は癒されるし、成長が楽しみ」。農学や造園業を学び、建設コンサルタントや国営公園の管理財団を経験。以前6年間働いていた四季の森公園では副所長を務めた。昨年の4月に三ツ池公園に異動し「人の多さには驚いた。雨でも花見に来る人を見て、これが桜の名所だ」と改めて実感した。

 〇…妻と娘の3人暮らし。土日休みでないため、なかなか娘と一緒に遊べない分、毎日の保育園への送り迎えが至福の時だ。「最近は娘が担任の先生のことを好きと言ってね」と複雑な表情。共働きのため、休みの日は洗濯や料理など家事も行う。「もっと遠出させてあげたいのだけれどね」。家族のことを話すその眼差しは優しい。

 〇…公園で様々な事業計画を作る中で大事にしているのは、コンサル時代先輩から教わった「イメージする」ということ。「計画して終わりではなく、想像してもやもやしたところがないか確認する。クリアにならないとトラブルが起きるからね」。実際にパパの立場から親子で楽しめるイベントなどを企画。園内のゴミといったマナー問題の課題など、やるべきことはたくさんある。「まだ活かしきれていない公園の魅力があるはず」。来場者に笑顔で帰ってもらうため、今日も奔走する。

鶴見区版の人物風土記最新6

金子 剛士さん

鶴見神社の3代目宮司に就いた

金子 剛士さん

鶴見中央在住 54歳

6月30日号

大谷 千惠子さん

つるみ背守り会で土台となるさらしの台紙を長年作り続ける

大谷 千惠子さん

豊岡町在住 86歳

6月23日号

高橋 博之さん

横浜市鶴見区社会福祉協議会の事務局長に就任した

高橋 博之さん

鶴見中央在勤 53歳

6月16日号

松本 智さん

鶴見図書館の館長に就任した

松本 智さん

馬場在住 60歳

6月9日号

高岡 俊之さん

今年度の神奈川県弁護士会会長を務める

高岡 俊之さん

中区在住 60歳

6月2日号

間瀬 なのはさん

パリ五輪ブレイキン強化指定選手に選出された

間瀬 なのはさん

岸谷在住 15歳

5月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook