鶴見区版 掲載号:2018年6月7日号
  • LINE
  • hatena

畑を耕しながら、音楽で街を盛り上げる 影山 きたろうさん(本名:磯ヶ谷義太郎) 駒岡在住 57歳

人生は後半の方が楽しい

 〇…昼間は鍬を持って野菜を作り、日が暮れるとギターに持ち替え歌を作る。ラバーソウルや居酒屋の楓などでライブを年に5〜6回ほど開催。その傍ら、かわさきFMで番組を持つなど精力的に活動を続ける。区内のミュージシャンンたちでバンドを組み、鶴見の店でライブを行う企画も進んでいる。「音楽で鶴見を盛り上げたい」

 〇…生まれも育ちも鶴見。末吉中では剣道部に所属。「叩かれて強くなるというようなスポーツ精神が苦手で、2段とって辞めてしまったけどね」と苦笑。歌は小学生の頃から好きで、中学からはギターも始めた。部活やサークルには所属せず、音楽会社へ曲を持ち込み、一人でイベントに参加するなど地道に活動。洋服店や塾、不動産起業に携わるなど様々な職を経験し、35歳の時に親の後を継いで農家になった。格好悪いイメージで嫌いだったという農業。考えが変わったのは農業の専門の学校に通ってから。「今まで自分は何を言っていたのだと思った。本気で夢を持つ若い子たちに出会ったから。負けられないと思ったし、第一次産業の深さを知った」

 〇…食べ歩き、飲み歩きが大好き。妻と息子、娘の4人で外食することもしばしば。一人の時はスマホを見ずに町を歩き、気になる個人店に入っては自分の中の地図を広げる。店の人たちと語らいながら感じる、一店一店の個性。「そこが楽しいんです」

 〇…「愛してるとかは恥ずかしくて歌えない」と笑う。耕作や散歩中に降ってくる楽曲は、人生観が詰まった大人の世界が広がる。「人の幸せは笑った数に比例する。眉間にシワを寄せていると幸せが飛んでいく。人生は後半の方が楽しい」。日々笑顔で過ごす、その柔らかな人柄に多くの人が魅了されている。
 

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6件

間口 健一さん

新鶴見操車場開設90周年展の展示作品を作った

間口 健一さん

3月14日号

佐々木 美香さん

「お母ちゃん学」を主宰する

佐々木 美香さん

3月7日号

久松 美江子さん

「こまきち音頭」製作に尽力した

久松 美江子さん

2月28日号

伊藤 新さん

3月に行われるつるみクロッシングの中心として活動している

伊藤 新さん

2月21日号

鈴木 吉太郎さん

鶴見神社氏子青年会の会長に就任した

鈴木 吉太郎さん

2月14日号

深作 秀春さん

深作眼科の院長であり、2月に個展を開くプロ画家の

深作 秀春さん

2月7日号

3/25家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月14日号

お問い合わせ

外部リンク