鶴見区版 掲載号:2019年1月1日号
  • LINE
  • hatena

現役の人形作家として活躍する 小池 緋扇(ひせん)さん 馬場在住 91歳

忘れられない感動を求めて

 ○…延べ130万人の愛好家が所属する財団法人人形美術協会の本部主任教授、常任理事を務める。講師となって60年超、「生徒のため」と全国を飛び回る中、ずっと銀座で開いてきた人形展。昨秋、初めて地元・鶴見で開催した。来場者からハグや握手を求められたのは初体験だった。「座る暇がなかった」。観た人の素直な反応に、「ともに喜べた」と充実感を漂わせる。

 ○…生まれも育ちも鶴見。人形遊びが好きな子どもだった。小学校5年のとき、教師が通信教育で作った日本人形と出会ったことが、作家人生の始まりだ。「どうしても作りたい」。夏休みの間、毎日のように教師宅に通い、1カ月かけて日本人形の「藤娘」を作った。記念すべき1体目。持ち帰ると、父に母、兄に妹、みんなが見たいと奪い合った。「父はその人形を肴にお酒を飲んだりしてね」。自分が感動させたという、説明のつかない高揚感。あの時の嬉しさが、人生を決めた。

 ○…その技術を認められ、東京人形学院の講師として最盛期には都道府県に生徒がいた。「講師の先生」だった。90歳を超えた今も、週に4日、代々木と宇都宮に教えにいく。「好きだったから続けられた」。人形作りが息抜きだと言い切る。悩みや嫌なことも、没頭することで忘れられるからだ。「あとはオシャレ。明日何を着ていくか考えるのが楽しい」。可愛げに微笑む。

 ○…20年ほど前、愛した夫が他界した。自宅では極力控えていた製作。「私に人形づくりをさせるために早く死んだのかな」。そう思い、後悔したこともある。それでも、覚めなかった人形愛。家族のためにも生涯現役を貫くつもりだ。「これからは故郷、横浜・鶴見に恩返ししたい」。人形とは一心同体。内側から聞こえる声に耳を傾け、生きる様を形にしていく。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6件

間口 健一さん

新鶴見操車場開設90周年展の展示作品を作った

間口 健一さん

3月14日号

佐々木 美香さん

「お母ちゃん学」を主宰する

佐々木 美香さん

3月7日号

久松 美江子さん

「こまきち音頭」製作に尽力した

久松 美江子さん

2月28日号

伊藤 新さん

3月に行われるつるみクロッシングの中心として活動している

伊藤 新さん

2月21日号

鈴木 吉太郎さん

鶴見神社氏子青年会の会長に就任した

鈴木 吉太郎さん

2月14日号

深作 秀春さん

深作眼科の院長であり、2月に個展を開くプロ画家の

深作 秀春さん

2月7日号

3/25家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月14日号

お問い合わせ

外部リンク