鶴見区版 掲載号:2019年1月17日号 エリアトップへ

第68代(一社)横浜青年会議所理事長に就任した 野並 晃さん 港北区在住 37歳

掲載号:2019年1月17日号

  • LINE
  • hatena

考え・動き、新たな頁(ページ)を開く

 ○…市内若手経済人で構成される「横浜青年会議所」(JC)の先頭に立ち舵を取る。今年度のテーマに「考動(こうどう)」を掲げた。「一人ひとりが当事者意識を持ってアイデアを出し、積極的にアクションを起こしてほしい。今年はそれを推し進めていく」。会として横浜のさらなる発展に力を尽くす覚悟だ。

 ○…32歳の時JCに入会。”つわもの”ばかりのメンバーと切磋琢磨しながら汗をかいてきた。3年前、忘れられない出来事が起こる。地域共創を進める委員会の委員長に就任した際、「自信を持って事業提案をしたが、先輩からなかなか了承を得られなかった。『もっといいものを』と奮起した」。試行錯誤を繰り返し、実施したイベントは「防災」をテーマに、区内消防団の活動を一般に伝えるものとなり、好評を得た。「JCは一年ごとに違う役職を経験でき、階段を着実に上がれる」とその意義と魅力を語る。

 ○…誰もが一度は口にしたことはあろう、シウマイ弁当で知られる崎陽軒で専務取締役の重責を担う。昨年創業110年を迎えた横浜を代表する老舗中の老舗だが、横浜F・マリノスとコラボした「日産スタジアム炒飯弁当」、県とタイアップし、小田原蒲鉾などを盛り込んだ「かながわ味わい弁当」など、次々と打ち出す斬新な企画は目を見張るものばかり。「トップダウンでなく、現場からアイデアを上げることが大切。JCにも同じことが言える」

 ○…20年には世界のJCメンバーが集結する世界会議が横浜で開かれる。前年にあたる今年は、その準備も怠りなく進めていくという。国際都市・横浜の底力をPRしていく考えだ。「伝統を踏まえながら、この街のJCらしい取り組みに着手する。海外の方や女性メンバーも増やしていければ」。強い意志を垣間見せた。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

林 園子さん

冊子「どうぶつを飼うということ」のデザインとイラストを描いた

林 園子さん

馬場出身 25歳

10月17日号

鈴木 宏明さん

東寺尾ヒルズ84の住民の団体「J&B(ジジババ)会」のリーダーを務める

鈴木 宏明さん

東寺尾在住 66歳

10月10日号

毎川 直也さん

風呂デューサーを名乗り、矢向・尻手で都市湯治イベントを企画する

毎川 直也さん

大田区在住 32歳

10月3日号

森山 民雄さん

学校地域コーディネーターとして、共学舎の創設から関わる

森山 民雄さん

潮田町在住 71歳

9月26日号

藤田 健二さん

神奈川交流大会4連覇を果たしたローリングバレーボールチームのキャプテン

藤田 健二さん

金沢区在住 45歳

9月12日号

堀江 幹雄さん

豊岡商店街協同組合の理事長を務める

堀江 幹雄さん

豊岡町在住 70歳

9月5日号

前田 正博さん

陶芸家として活躍し、子ども向けワークショップなども開く

前田 正博さん

北寺尾在住 71歳

8月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク