鶴見区版 掲載号:2019年3月14日号
  • LINE
  • hatena

新鶴見操車場開設90周年展の展示作品を作った 間口 健一さん 矢向在住 71歳

鉄道好き高じて地域貢献

 ○…江ヶ崎町や小倉地域にかつて存在した新鶴見操車場。開設90周年展をNPO法人「史季の郷」の理事として主催する。当時の写真で埋まり、丁寧な解説も載った模造紙は全て手作り。「自分の知識が役に立って生かせればこんな幸せなことはない」。他にも区民活動センターの歴史講演会で登壇、鶴見鉄道倶楽部といった地元探索企画を行うなど、“地域の先生”として引っ張りだこだ。

 ○…幼い頃の思い出と言えば、泣く度に尻手に住む祖母が電車を見に連れて行ってくれたこと。その影響か鉄道が大好きで、幼稚園の頃には一人で乗車。愛情はとどまるところを知らず、お気に入りの鉄道雑誌の記事を書く先生が所属する山梨の大学を選び、片道3時間を電車で通うほど。「沿線の景色や車両ごとに違う車内の雰囲気を観察するのが楽しくて」。卒業後は、小学校の社会科の教諭として都内の学校で働いた。定年後、史季の郷の創設に携わったことがきっかけで地域に深く関わるように。「学校で郷土資料作りなどしていたし、自分の経験が役に立てばと思った」 

 ○…妻とは月一で旅に出る。もちろんローカル電車の旅だ。最近は銚子電鉄や上信電鉄に乗って、温泉を楽しんだ。「妻は特段電車旅が好きだったわけじゃないが、たくさん旅に出て好きになってもらった」と笑う。

 ○…近隣小学生の歴史の勉強などに利用されている史季の郷。今後は学校支援に力を入れていきたい。「このエリアは、線路で分断され、互いの交流が少なかった。歴史を知ってもらうことで共通の話題づくりになれば」。地域住民の交流も先に見据える。「すぐに引っ越してしまう人もいると思うが、一度は住んだ町。歴史を知って思い出を作ってほしい」。地域の先生が伝えていく。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6件

須藤 正彦さん

3月13日付けで鶴見警察署の署長に就任した

須藤 正彦さん

3月21日号

佐々木 美香さん

「お母ちゃん学」を主宰する

佐々木 美香さん

3月7日号

久松 美江子さん

「こまきち音頭」製作に尽力した

久松 美江子さん

2月28日号

伊藤 新さん

3月に行われるつるみクロッシングの中心として活動している

伊藤 新さん

2月21日号

鈴木 吉太郎さん

鶴見神社氏子青年会の会長に就任した

鈴木 吉太郎さん

2月14日号

深作 秀春さん

深作眼科の院長であり、2月に個展を開くプロ画家の

深作 秀春さん

2月7日号

3/25家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月21日号

お問い合わせ

外部リンク