鶴見区版 掲載号:2019年9月5日号 エリアトップへ

豊岡商店街協同組合の理事長を務める 堀江 幹雄さん 豊岡町在住 70歳

掲載号:2019年9月5日号

  • LINE
  • hatena

「みんなの町」作りたい

 ○…道路愛護などに貢献したとして、国土交通大臣表彰を受けた豊岡商店街協同組合。「結構立派な表彰状が届いたよ」。父も以前「現代の名工」として国から表彰を受けたことを思い出した。「以前は父が、今回は町が受賞して、俺は別に何もやってない」といつも謙虚な姿勢だが、「人が歩き辛いところで商業が栄えるわけがない。景観含め、大事にしなければ」と商店街への思いは強い。

 ○…明治末期から版木屋として営業しており、今は印章を扱う堀江千里堂の3代目。徒歩1分ほどの豊岡小に通った。就職時、サラリーマンになった友人の初任給と比べ、「ハンコ屋をやった方が儲かる」とこの世界に飛び込んだ。しかし、実際は厳しいことも多く、「父だから稼げていた。覚えるのに時間もかかるし、苦労したよ」と苦笑い。それでも「お前に頼んで良かった」の言葉をもらうため奔走してきた。作る印章は一つひとつ手書きの職人技。通販など行わず、足を運んでくれるお客さんを大切にする。「手で作ったものは、比べてみると全然違うんだよ」と話す目は少年のようだ。

 ○…趣味は読書。長編、短編問わず、時代物を読む。「カタカナよりも漢字は読みやすい。文芸部だから」とにやり。詩も好きで「著者の人柄が出る。自分に合う合わないを感じるのも楽しいね」。

 ○…住人、特に子どもたちに「自分の町」という感覚をどうやって持ってもらうかかが今後のテーマ。「チェーン店も増え、店長は異動で変わることも多い。仕事は都内で地元は分からない。そんな人たちを巻き込みたい」。企画時も多くの人に声をかけ、協力の手を増やしてきた。「一人じゃできないから。みんなが得意分野を活かせば大きな力になる」。その謙虚な人柄で多くの人を巻き込み、みんなの町を作っていく。

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

生方 常明さん

光瑞山天院の住職を務める

生方 常明さん

寺谷在住 52歳

11月14日号

信時 正人さん

スマートイルミネーション横浜2019の実行委員長を務める

信時 正人さん

63歳

10月31日号

山内 秀行さん

潮田中央地区連合会の会長で、健康フェスタ開催の中心となってまとめる

山内 秀行さん

潮田町在住 65歳

10月24日号

林 園子さん

冊子「どうぶつを飼うということ」のデザインとイラストを描いた

林 園子さん

馬場出身 25歳

10月17日号

鈴木 宏明さん

東寺尾ヒルズ84の住民の団体「J&B(ジジババ)会」のリーダーを務める

鈴木 宏明さん

東寺尾在住 66歳

10月10日号

毎川 直也さん

風呂デューサーを名乗り、矢向・尻手で都市湯治イベントを企画する

毎川 直也さん

大田区在住 32歳

10月3日号

森山 民雄さん

学校地域コーディネーターとして、共学舎の創設から関わる

森山 民雄さん

潮田町在住 71歳

9月26日号

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク