鶴見区版 掲載号:2019年9月12日号 エリアトップへ

神奈川交流大会4連覇を果たしたローリングバレーボールチームのキャプテン 藤田 健二さん 金沢区在住 45歳

掲載号:2019年9月12日号

  • LINE
  • hatena

生きる意味 一打に込め

 ○…障害者と健常者が一緒にプレーする競技「ローリングバレーボール」。鶴見を拠点に活動する「にこにこ会」のキャプテンとして、神奈川交流大会4連覇に貢献した。兵庫や東京などから選抜チームが出場する大会。普段は冷静にもかかわらず、相手から「パワー勝負」と言われ火が付いた。「勝ったけど反省。みんなのおかげです」。挑発に乗った自分を戒める。

 ○…小学校はサッカー、中学はハンドボール、高校はバドミントン、大人になり草野球、フットサルと汗を流した。スポーツを楽しむ生活が一変したのは10年前。くも膜下出血で寝たきりに。「このまま死ぬのかな」。目を開け、閉じるだけの日々。暗がりに光がさしたのは、一年後の家族での北海道旅行だった。「行きたい」と直訴し、500m歩いたらという条件をクリアした。久しぶりの外出。楽しいという気持ち。生きる気力がわいた。

 ○…東神奈川にある就労支援事業所に勤務。ボールペンやダンボールの組み立てなどの作業をこなす。「健常者と見間違う」と言われるほどのフットワークで、企業への就職を目ざす。昔も今もストレス発散はスポーツ。「運動できるならどこでも行く」。リハビリで始めたショートテニスは、ジュニアのコーチも務める。

 ○…「ローリングバレーが一番燃える」とにやり。「障害者でも健常者に勝てる面白さがある」。にこにこ会には7年前に加入。ポテンシャルの高さが決め手だった。チームワークで戦うスタイルを貫き、今月末の大会でも活躍を誓う。「小中高と控えだったので今が青春まっさかり」。確実と言われた車イスが必要ないのは、ローリングバレーのおかげもある。「死ぬまで続けたい」。気ままに生きた昔、一日の意味を大切にするようになった今。”一打入魂”の人生を楽しむ。

鶴見区版の人物風土記最新6

林 園子さん

冊子「どうぶつを飼うということ」のデザインとイラストを描いた

林 園子さん

馬場出身 25歳

10月17日号

鈴木 宏明さん

東寺尾ヒルズ84の住民の団体「J&B(ジジババ)会」のリーダーを務める

鈴木 宏明さん

東寺尾在住 66歳

10月10日号

毎川 直也さん

風呂デューサーを名乗り、矢向・尻手で都市湯治イベントを企画する

毎川 直也さん

大田区在住 32歳

10月3日号

森山 民雄さん

学校地域コーディネーターとして、共学舎の創設から関わる

森山 民雄さん

潮田町在住 71歳

9月26日号

堀江 幹雄さん

豊岡商店街協同組合の理事長を務める

堀江 幹雄さん

豊岡町在住 70歳

9月5日号

前田 正博さん

陶芸家として活躍し、子ども向けワークショップなども開く

前田 正博さん

北寺尾在住 71歳

8月29日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク